本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20190000000718
タイトル*2018年度中間調査報告書 風力発電等技術研究開発 風力発電高度実用化研究開発 風車運用高度化技術研究開発 (風車故障事故に関する国内外の動向調査)
公開日2019/6/25
報告書年度2018 - 2018
委託先名株式会社風力エネルギー研究所
プロジェクト番号P13010
部署名新エネルギー部
和文要約本調査は,1.国内風車事故の実態調査,2.海外動向調査及び3.技術委員会の設置を実施した。
1.国内風車事故の実態調査では,国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機(NEDO)において故障率の評価精度を高めるために2004年度から2016年度までの13年間に亘り,風車の稼働率(利用可能率)・設備利用率を大きく左右するダウンタイム3日以上の故障や事故の発生状況について調査を実施し,報告書として取りまとめてきた。しかし,国内風車の故障事故の実態調査としては一定の成果を上げてきたが,詳細な情報が十分でないため,故障・事故対策による稼働率向上に資するものとはなっていない。
平成30年度も,従来の調査と同様にダウンタイム3日以上の故障事故調査を実施し,故障率を評価するためのデータ収集を行い,更に,風車の稼働率向上に必要とされる情報整理のために,ダウンタイム内訳を確認する稼働率調査とO&Mの運用体制を確認する調査を新たに実施した。
また,稼働率をさらに詳細に調べるために,ダウンタイム3日未満の故障事故事象,稼働時間内訳の情報入手の可能性について,風力発電所へのヒアリング調査を実施した。調査結果より,故障率の評価精度を高めると共に,ダウンタイムの内訳構成を把握し,次年度調査に向けて調査方法の精度を高めていく。
風車故障事故調査で得られた調査結果は「風車運用高度化技術研究開発」へ情報提供を行った。
2.海外動向調査では,国際エネルギー機関風力技術プログラム(IEA Wind Technology Collaboration Programmes,以下「IEA Wind TCP」という。)への参加を通じて,海外の最新技術の情報を入手すると共に,日本の技術・市場動向を情報発信する事を目的としている。日本は,IEA Wind TCPの中で,9つのTaskに参加しており,各Taskには,IEA Wind国内委員会が承認した登録有識者が参加している。事務局(風力エネルギー研究所,WEIT)は,登録有識者がTask会議へ参加するための旅費の支援等を行っている。
また,事務局はIEA Wind国内委員会を運営し,委員会では日本がIEA Wind TCPのTaskへの参加に関する審議,派遣する有識者の選任を行う。IEA Wind TCPに参加して得られた成果(海外の最新技術情報,規格化へのガイドライン等)を風力発電に係る発電事業者,コンサルタント会社,大学・研究機関等の技術者・研究者,風力に係るサプライチェーンに従事する方等に対して,幅広く情報を周知するためのセミナーを開催した。
3.技術委員会の設置では,風車運用高度化技術研究開発におけるシステム開発に当たり,ユーザニーズを明確にする必要があるため,システム開発の専門家,発電事業者,メンテナンス事業者等からなる技術委員会を設置し,開発事業者へのアドバイスを行った(年3回開催)。
英文要約"Domestic and international trend investigation on wind turbine failure accident"
Summary
In this survey, (1) survey of actual conditions of domestic wind turbine accidents and (2) investigation for trend of overseas, and holding a committee meetings for each were carried out.
(1) As in the conventional survey, in 2018, we will carry out a breakdown accident survey for more than 3 days of downtime, collect data to evaluate the breakdown rate, and further organize the information required to improve the availability of the wind turbine In order to check the breakdown of downtime, we newly conducted an availability survey and a survey to confirm the O&M operation system.
In addition, in order to investigate the availability in more detail, we conducted a hearing survey on the wind power plant about the possibility of obtaining information on failure accident events with less than 3 days of downtime and working time breakdown. Based on the survey results, we will improve the accuracy of failure rate evaluation, grasp the breakdown structure of downtime, and improve the accuracy of the survey method for the next fiscal year's survey.
The survey results obtained in the wind turbine failure and accident investigation were provided information to "wind turbine operation advanced technology research and development". To develop a system for R&D on wind turbine operation advanced technology, it is necessary to clarify user needs, so a technical committee consisting of system development specialists, power generators, maintenance operators, etc. was established, and technical committees.
(2) In the Overseas Trend Survey, obtain information on the latest overseas technologies while participating in the International Energy Agency Wind Technology Cooperation Program (hereinafter referred to as the "IEA Wind Technology Cooperation Program").And disseminate information on Japanese technology and market trends. Japan participates in nine tasks of IEA Wind TCP. Each work will be attended by registered experts approved by the IEA Wind National Committee. The secretariat supports travel expenses for registered professionals to attend task meetings.
In addition, the secretariat operates the IEA Wind National Committee, which deliberates on participation of the IEA Wind TCP in the Task, and selects experts to be dispatched. A seminar to disseminate a wide range of information obtained from IEA Wind TCP (results from the latest overseas technical information, standardization guidelines, etc.) was hold.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る