本文へジャンプ

ウルトラメモリ株式会社による事業費の返還について

平成30年12月28日

ウルトラメモリ株式会社が株式会社PEZY Computingと共同で実施していた「IoT技術開発加速のためのオープンイノベーション推進事業/IoT技術開発加速のための実用化研究開発/ビッグデータ解析のための低消費電力演算チップの開発」(平成28~29年度)※1については、昨年12月の株式会社PEZY Computingによる別の事業※2における不正事案により代表が起訴※3されたことに伴い、同社の事業の適正な遂行が困難な状況となったため、ウルトラメモリ株式会社の実施分を含め、同事業全体を停止いたしました。

この度、NEDOは同事業のうちウルトラメモリ株式会社の実施分について、交付規程に基づき事業に係る経費が適正に支出されていたことを確認し、昨年12月の事業停止から本年3月までの間の未実施分の研究開発経費に係る助成金等を含む約3.7億円が12月28日にウルトラメモリ株式会社から返還されましたので、お知らせいたします。

なお、同事業のうち株式会社PEZY Computingの実施分については、上記の不正事案に係る訴訟が係属中であるため、引き続き調査を行っています。

※1 IoT技術開発加速のためのオープンイノベーション推進事業(平成28~29年度)の概要

本事業ではIoT社会に求められるシリコン系半導体、有機半導体、MEMS、RFモジュール等の低消費電力化につながる電子デバイスの開発を対象として、その試作等を行うための高度なオープンイノベーション研究開発拠点を整備するとともに、技術の実用化研究開発を行うことにより、民間企業、大学、公的研究機関等によるIoT技術開発を加速させることを目的とします。

※2 株式会社PEZY Computingによる不正のあった事業

※3 株式会社PEZY Computingに対する補助金交付等の停止措置

(問い合わせ先)

NEDO 広報部 044-520-5151­