本文へジャンプ

新規メモリ開発プロジェクトをスタート

―携帯情報機器の消費電力を1/10以下に―
2010年7月12日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 村田 成二
NEDOは携帯情報機器の待機電力を限りなくゼロに近づけることを可能とする「新規メモリの開発」と「機器の構成に関する先導的研究」について、エルピーダメモリ株式会社および国立大学法人 東京大学と実施することを決定しました。事業期間は今年度から3年間。この技術開発により、携帯情報機器の消費電力を1/10にしうる基盤技術の実現を目指します。

1.概要

 エネルギーセキュリティの確保や、世界中で取り組みが行われている温室効果ガス削減運動への対応は、今後の我が国の発展に不可欠です。一方産業の観点では、我が国の製造業で重要な位置を占める半導体および電子機器産業の競争力の維持向上もまた重要な課題です。
 このような問題意識のもと、本プロジェクトでは、情報機器において看過できない問題となっているメモリ消費電力の抜本的削減を目的として、高速不揮発メモリを搭載する革新的な超低消費電力携帯情報機器の実現を目指します。


2.事業内容と契約先

  1. 研究開発項目〔1〕「高速不揮発メモリの開発」
    エルピーダメモリ株式会社
    DRAM機能を代替できる高速不揮発メモリを実現するため、研究開発項目〔2〕「不揮発アーキテクチャの研究開発」から導きだされるメモリとしての必要性能とも整合させつつ、メモリ材料および要素プロセスの開発を行う。

  2. 研究開発項目〔2〕「不揮発アーキテクチャの研究開発」
    エルピーダメモリ株式会社 国立大学法人 東京大学
    メモリアーキテクチャ、システムアーキテクチャ、OS等不揮発アーキテクチャのいずれかまたは全部に関する開発を行う。研究開発項目〔1〕のメモリ素子開発において予測される素子の特性値と不揮発アーキテクチャの動作との整合をとること、逆にシステム等側の要求をメモリ素子に対する仕様へ適宜フィードバックすることによって、現行のアーキテクチャの消費電力に対し、実質上1/10以下に削減することができる携帯情報機器等の実現可能性を提示する。

3.お問い合わせ先

(本プレス発表の内容についての問い合わせ先)
NEDO 電子・材料・ナノテクノロジー部 島津、佐藤(義) TEL 044-520-5210

(その他NEDO事業についての一般的な問合せ先)
NEDO 広報室 田窪、廣瀬 TEL 044-520-5151