本文へジャンプ

バイオマスエネルギーの実用化技術開発を促進

-製造技術などの低コスト化・高効率化目指す-
2010年11月26日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 村田 成二
NEDOは、バイオマスのエネルギー利用を促進するため、バイオガス製造装置の低コスト化及びガス精製技術の開発と、接触分解法を用いて廃食油から低コストにバイオディーゼル燃料を製造する技術開発の2件のテーマについて、企業と共同で早期実用化に向け取り組みます。
 事業期間は2010年度から最長3年間。1件当たりの事業費総額は約3億円(NEDO負担は2/3)です。技術開発終了後、5年以内の実用化を目指します。



1.事業概要

バイオマスのエネルギー利用は、化石エネルギー消費量の削減、温室効果ガス排出量の削減、エネルギーセキュリティーの確保、また地域社会の活性化と発展、廃棄物量の削減と有効利用の観点からも、今後一層の導入普及を図る必要があります。そのためには、高コストで実用化が遅れているものについて、これを支援する実用化技術開発を実施します。
 本事業においては、6月に1次公募を行い、2件のテーマについて採択を行いました。今回、2次公募を行い、別紙のとおり2件のテーマを採択しました。採択となったテーマの概要と共同研究先は、以下のとおりです。

(1)バイオガス製造装置の低コスト化及びガス精製技術の開発

(栗田工業株式会社)
生ごみや紙ごみなどの様々なバイオマス原料から、バイオガスを発生させるための乾式メタン発酵設備の低コスト化へ向けた技術開発を行います。また、ここで得られたバイオガスを、既存のガス供給インフラ(パイプライン等)で利用可能な状態へと効率的に精製する技術開発を行います。これらの技術開発を行うことで、バイオガスを低いコストで製造することが可能となるとともに、バイオガスの利用用途が拡大します。

(2)廃食油からバイオディーゼル燃料を製造するプロセスの低コスト化を行う技術開発

(株式会社フチガミ、ウェスティックテクノロジー株式会社)
廃食油を原料に、固体触媒に接触させることで原料の分解が可能である接触分解法を用いて、バイオディーゼル燃料の製造を行う技術の開発を行います。本技術は、従来のバイオディーゼル燃料の製造方法において不要となっていた副生グリセリンが排出されず、また、製造過程での洗浄排水の大幅な低減も可能となるなどの利点があり、低コストなバイオディーゼル燃料の製造が可能となります。

2.事業名称

戦略的次世代バイオマスエネルギー利用技術開発事業(実用化技術開発)

3.事業期間

2010年度から最長3年間

4.事業規模

1件あたりの事業費は約3億円(NEDO負担は2/3)です。

5.お問い合わせ先

(本プレス発表の内容についての問い合わせ先)
NEDO 新エネルギー部  バイオマスグループ
川嶋、沖、森田 TEL:044-520-5271

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)
NEDO 広報室 田窪、廣瀬  TEL:044-520-5151

資料