本文へジャンプ

電力の品質安定化技術をトルコで実証へ

-日・トルコ 共同プロジェクトFSの委託先決定-
2011年6月23日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 村田 成二
 NEDOは、トルコ共和国で行う「風力・揚水発電による電力品質安定化技術実証事業」の実施可能性調査(FS)について、三菱電機株式会社、三菱重工業株式会社および株式会社三菱総合研究所の3社グループを委託先として決定しました。この実証事業は、トルコ共和国における風力発電設備などの再生可能エネルギーの大量導入・普及を見据え、トルコ共和国電力資源調査開発局と連携し、出力調整の難しい再生可能エネルギーの需給調整に焦点を当てて技術実証を行うものです。

1.トルコ共和国における実証事業の概要

 風力発電設備などの再生可能エネルギーは、一般的にその不安定な発電が電力系統に与える影響を少なくするために、電力貯蔵やPCS(電力制御装置)をはじめとする電力品質対策を具備する必要性があります。トルコ共和国においては、2023年までに20,000MWの風力発電設備を導入する目標が掲げられており、将来、風力発電設備の大量導入・普及時を見据え、大型蓄電設備として揚水発電の導入を計画しています。この共同実証プロジェクトは、トルコ共和国電力資源調査開発局がYalova県にて計画している、ハイブリッド発電事業(風力発電設備10MW程度、揚水発電設備4MW程度)を対象にトルコ共和国での電力安定化対策の最適な構成・運用について検討を行うものです。
 なお、本事業は、FSの結果を踏まえた事業化評価を経て、実証事業のより具体的内容を決定します。

本プロジェクト(FS期間)について以下の通り委託先を決定しました。
  委託企業 : 三菱電機株式会社、三菱重工業株式会社、株式会社三菱総合研究所
  委託期間 : NEDOの指定する日~2011年11月30日
  委託予算 : 約3,000万円(FS)、実証についての予算は事業化評価結果による。

2.お問い合わせ先

<本プレスリリースの内容についての問い合わせ先>
NEDO 国際部:今田、米倉   TEL:044-520-5190
NEDO スマートコミュニティ部:諸住、林、野村   TEL:044-520-5269

<その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先>
NEDO 広報室:田窪  TEL:044-520-5151