本文へジャンプ

タイで省エネ実証プロジェクト2件実施へ

2013年1月11日
NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)
理事長 古川一夫

 タイ等の新興国では、急激な経済発展に伴いエネルギー需要が増加する一方で、その有効利用技術の導入が遅れており、過度なエネルギー消費や環境問題を引き起こす一因となっています。
 これらの問題を解決すべく、NEDOは東南アジア各国の政府と協力し、我が国が所有する省エネルギー・再生可能エネルギー技術の実証プロジェクトを現地で実施、同技術の有効性等を示すことで、エネルギー・環境問題解決の一助となるだけでなく、国際展開や普及拡大を図っております(参照、別紙3)。     
 今回は、タイにて実施している2件の実証事業の設備が完成。現地時間1月16日、17日にそれぞれ竣工式を行い、タイにおけるNEDOの新たな取り組みが本格的にスタートいたします(竣工式概要、詳細は別紙1、別紙2にて記載)。

  • 正式名称:国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業(国際エネルギー使用合理化等対策事業) 

お問い合わせ先

(本プレスリリースの内容についての問い合わせ先)

  1. 実証事業モデル事業について
    NEDO 省エネルギー部 担当:中井、吉崎  TEL 044-520-5284
  2. タイにおけるNEDO事業全般について
    NEDO 国際部 担当:千田、浅井、木村  TEL: 044-520-5190

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報室 担当:遠藤  TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp

資料

関連ページ