本文へジャンプ

個人情報及び事業者の非公開情報の漏えい事案の発生について

2014年7月22日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 古川一夫

2014年7月17日(木)、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の保有する個人情報及び事業者の非公開情報の一部が、四国経済産業局を通じて漏えいする事案が発生しました。関係者の皆様に大変ご迷惑をおかけしたことを、深くお詫び申し上げます。このようなことが発生しないよう、再発防止策を講じ、あらためて情報管理の徹底を図ってまいります。

1.内容

(1)経緯

2014年7月16日(水)、NEDOの補助事業である「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」において、公募開始が近づいていることを事業者に伝えるため、NEDOから四国経済産業局に対して、参考として過去の採択者の情報を送付しました。その際、誤って採択者316事業者に係る個人情報及び非公開情報の一部が含まれるファイルを送付してしまいました。

さらに、7月17日(木)、四国経済産業局が、当該ファイルの内容を十分に確認せず、個人情報及び事業者の非公開情報(担当者氏名、メールアドレス、生年月日、性別等)の一部が含まれていることを認識せずに、管内の13事業者19名に対して、メールにより同ファイルを送付してしまったため、情報の漏えいが発生しました。

(2)現在の状況

現在、漏えいした個人情報及び事業者の非公開情報については、四国経済産業局が送信先で全て消去されたことを確認しており、また拡散がないことも確認しております。

また、情報が漏えいしてしまった事業者の方々及び個人の方々には、速やかに連絡をとり、お詫びを申し上げているところです。

2.今後の対応

このようなことが発生しないよう、再発防止策を講じ、あらためて情報管理の徹底を図ってまいります。

3.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO広報部  担当:寺門、坂本、佐藤 TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp