本文へジャンプ

スマートコミュニティ国際会議「IRED2014」を開催

―世界各国から専門家が集い、最先端の研究・技術や知見を共有―
2014年10月29日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 古川一夫

NEDOは、11月17日から20日まで国立京都国際会館において、スマートコミュニティに関する国際会議「IRED2014」を開催します。
 アジアで初めての開催となる「IRED2014」には、約30カ国から政府、学術界、産業界関係者約300人が参加。スマートコミュニティやスマートグリッドといった技術分野での最先端の研究・技術および知見等を共有するグローバルな専門家会合として、活発な議論を行う予定です。

1.概要

IRED(International Conference on Integration of Renewable and Distributed Energy Resources)とは、次世代社会構築のために求められるスマートコミュニティやスマートグリッド、再生可能エネルギーと分散型電源の系統連系技術等の開発・発展に応えるために、欧米諸国の産学官が一体となり設立したもので、この分野では最も権威のある国際会議の一つです。2004年12月、ベルギー・ブリュッセルで第1回IREDが開催されて以来、2年ごとに欧米諸国が議長国を持ち回りで開催されてきました。第6回となる今年は、アジアで初めて日本で開催、NEDOが主催します。
 本国際会議では、約30カ国からの各国政府、学術界、産業界関係者約300人が一堂に会し、スマートコミュニティ分野などでの最先端の研究・技術および知見等を共有するグローバルな専門家会合として、活発な議論を行います。
 日本でも再生可能エネルギーの系統連系の限界が問題になりつつありますが、欧米でもこの問題は同じく深刻であり、アメリカでの電力貯蔵導入の機運の高まりや、欧州での電力市場の改革に向けた議論に波及しており、日本における今後の問題への知見が得られる機会です。
 再生可能エネルギーへの期待が高まる中、世界各国の動向を一気に把握する絶好の機会ですので、皆様のご参加をお待ち致しております。

2.「IRED2014」開催要領

名称:
The 6th International Conference on Integration of Renewable and Distributed Energy Resources
会期:
2014年11月17日(月)~20日(木)
会場:
国立京都国際会館
〒606-0001 京都府京都市左京区岩倉大鷺町422番地 TEL:075-705-1229
主催:
独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
公式サイト:
登録費:
無料
登録締切:
2014年11月14日(金)17時〆切

3.プログラム概要

米国エネルギー省(DOE)や欧州委員会など各分野の第一人者による約50件の講演を通じ、スマートコミュニティ、スマートグリッド、再生可能エネルギー等の導入促進のために国際的に問題を共有し、活発な議論を行う予定です。
 特に、この会議では再生可能エネルギーの系統連系問題にスポットを当てており、各国の政策、関連する基準・規格、電力市場との関わり、様々な実証プロジェクトの状況などに関する講演を予定しています。
 また、約50件の発表からなるポスターセッションでは、参加者の投票によって決まる優秀ポスターを表彰します。多様なバックグラウンドを持つ参加者が様々な成果を世界に向けて発信する機会であり、国際的な交流を通じて新たなビジネス展開や共同研究などの取り組みにつながることを期待しています。

セッション1:政策と制度

セッション2:再生可能エネルギーと分散型電源の更なる導入における標準

セッション3:大規模プロジェクトの成果報告

セッション4:送電・配電・顧客レベルにおける技術、システム統合、モデリング・シミュレーションの最新の到達点

セッション5:市場と規制の枠組み

セッション6:パネルディスカッション:将来の最終消費者によるエネルギーマネジメントシステム

4.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)
NEDO スマートコミュニティ部  担当:宍戸、須永  TEL:044-520-5274

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)
NEDO 広報部  担当:上坂、佐藤、坂本  TEL:044-520-5151
E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp