本文へジャンプ

スマートロック「Akerun」事業で4.5億円の資金調達を実現

―スタートアップイノベーター支援事業の卒業第1号―
2015年9月9日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
株式会社フォトシンス

NEDOの起業家候補(スタートアップイノベーター)支援事業の成果をもとに、(株)フォトシンスが世界初の後付けスマートロックロボット「Akerun(アケルン)」事業の製品開発強化と販路拡大に向け、大手ベンチャーキャピタルなど4社から総額4.5億円の資金調達を実現しました。

本事業では、「Akerun」を利用した法人向け空き建物管理システムの開発に取り組み、そのビジネス事業の将来性、成長性が高く評価され、第三者割当増資による外部資金調達を実現したものであり、本事業の卒業要件を満たした第1号になります。

  • 写真_スマートロックロボット「Akerun」

1.概要

NEDOは、将来のメガベンチャーを創出することを目的に、研究開発型ベンチャーを立ち上げる起業家候補を支援する『スタートアップイノベーター』プログラム※を実施しています。

(株)フォトシンス(本社・東京都品川区、河瀬航大代表取締役社長)は、2014年度の第1回公募で採択され、世界初の後付けスマートロックロボット「Akerun」を利用した法人向け空き建物管理システムの開発に取り組みました。

このほど、その成果をもとに、「Akerun」事業の将来性や成長性を高く評価する(株)ジャフコ、YJキャピタル(株)、(株)ガイアックス、(株)ベータカタリストの4社から、第三者割当増資により総額4.5億円の資金調達を実現しました。本件は、本事業の卒業要件(ベンチャーキャピタル等からの出資累計金額1億円以上を獲得)を満たした第1号になります。

2.今回の成果

「Akerun」は、フォトシンスの創業メンバーが2014年初めから構想し、2015年4月より出荷を開始した、世界初の後付けスマートロックロボットです。本体はBluetooth通信に対応し、スマートフォンアプリを介して鍵の開錠・施錠の指示や、ゲストへの開閉権限の発行を行うことにより、鍵がなくてもスマートフォンで建物ドアの確実な開錠・施錠を可能としています。

『スタートアップイノベーター』プログラムにおいて、フォトシンスは、事業用建物のオーナー企業やホテル、貸室管理、宅配・介護サービス等の業界をターゲットとして、「Akerun」を利用した法人向け空き建物管理システムを開発しました。また、ロック本体についても、共通化が進んでいませんでしたが、現存するドアロックの7~8割の形態や、使用環境・条件のバリエーションにも可能な限り広く対応できるよう開発を進めました。また、3G通信に対応するIoTゲートウェイとして、スマートフォンだけでなく、PC、タブレット、フィーチャーフォンで「Akerun」を利用できる「Akerun Remote」を開発し、2015年7月より出荷を開始しました。さらに、これらを一括管理する管理画面「Akerun Manager」と合わせ、「Akerunオンライン鍵管理システム」として、主に法人向けに販売していく予定です。

3.スタートアップイノベーターの新規公募について

NEDOは、9月中に『スタートアップイノベーター』プログラムの新規公募を開始する予定です。

【用語解説】

※『スタートアップイノベーター』プログラム
本プログラムは、具体的な技術シーズを活用した事業構想を有する起業家候補(スタートアップイノベーター。以下「SUI」という。)を支援するものです。公募で採択されたSUIが、ビジネスプラン作成、市場調査、試作品設計・製作など、自らの研究開発型ベンチャーの立ち上げに必要な活動を、別途NEDOが委嘱する事業カタライザー(起業・事業化に向けた活動およびビジネスプラン構築の指導を行う専門家)によるハンズオン支援の下、NEDO委託事業として行っています。

4.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO イノベーション推進部 担当:英、田中、伊吹、佐久間 TEL:044-520-5173

株式会社フォトシンス 担当:山岸 TEL:03-5436-3433 E-mail:akerun-info@photosynth.co.jp

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:髙津佐、坂本、佐藤 TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp