本文へジャンプ

Press Release

石炭ガスクリーンナップ技術の開発に着手

―発電効率55%、CO2排出量30%削減を目指す―
2015年9月18日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 古川一夫

NEDOは、大幅な高効率化・低炭素化を実現する究極の高効率石炭火力発電の実現に向けて、石炭ガス化ガス中に含まれる被毒成分を高度に除去する石炭ガスクリーンナップ技術の開発に着手します。石炭ガス化燃料電池複合発電(IGFC)が実現すれば、発電効率は55%まで向上、CO2の排出量を30%削減できます。

NEDOは、石炭火力発電のさらなる低炭素化に向け、2025年頃のIGFCの技術確立を目指します。

  • 燃料電池用石炭ガスクリーンナップシステムフロー図
    燃料電池用石炭ガスクリーンナップシステムフロー図

1.概要

石炭は埋蔵量が豊富で、低価格かつ安定供給性に優れたエネルギー源です。2015年7月に、経済産業省が取りまとめた「長期エネルギー需給見通し」においても、石炭火力は2030年時点の総発電電力量の約26%を占めるとされているなど、日本にとって重要なエネルギー資源です。しかし、石炭は他のエネルギー源と比べて二酸化炭素(CO2)の発生量が多いなど環境負荷が大きいため、石炭をいかに高効率でクリーンに利用できるかが重要となります。

そこで、大幅な高効率化・低炭素化を実現する究極の石炭火力発電技術として、石炭ガス化燃料電池複合発電(IGFC)の実現が待ち望まれています。IGFCは、石炭をガス化させ、燃料電池、ガスタービン、蒸気タービンの3種の発電形態を組み合わせて発電を行う技術です。現行の最新技術である超々臨界石炭火力発電(USC)の発電効率は約40%ですが、IGFCが実現すれば発電効率は約55%まで向上し、CO2の排出量を約30%削減することが可能です。しかし、IGFCの実現に向けては、石炭ガス化ガス中に微量に含まれる、燃料電池の性能を劣化させる被毒成分の除去が大きな課題となっています。

そこで今般、NEDOは、IGFCの技術確立に向けて、石炭ガス化ガス中に含まれている被毒成分を高度に除去する石炭ガスクリーンナップ技術の開発に着手します。

具体的には、電源開発株式会社を委託先として、石炭ガス化ガスを模擬した燃料による被毒試験により、燃料電池の被毒耐性を評価するとともに、被毒成分を許容レベルまで除去できる燃料電池用の石炭ガスクリーンナップシステムの開発を行います。石炭火力発電のさらなる低炭素化に向け、2025年頃のIGFCの技術を確立することを目指していきます。

2.事業の内容

(1)事業名

燃料電池向け石炭ガスクリーンナップ技術要素研究

(2)事業総額

約7億円

(3)期間

2015~2017年度

(4)委託予定先

電源開発株式会社

3.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO 環境部 担当:細田、佐藤(順)、在間 TEL:044-520-5293

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:髙津佐、坂本、佐藤 TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp