本文へジャンプ

インドで病院のエネルギーマネジメント最適化の実証事業を実施へ
―ICTの導入で消費電力30%削減を目指す―

2016年12月1日
NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)
理事長 古川一夫

NEDOは、インドの健康家族福祉省および全インド医科大学ニューデリー校と共同で、病院全体のエネルギー削減及びICTを活用した医療データの有効活用事業を行うことに合意し、11月30日に基本協定書(MOU)を締結しました。

この実証事業では、インドの高等教育機関兼病院である全インド医科大学ニューデリー校に、太陽光発電を含むユーティリティ設備及びICTを導入し、このシステムネットワークの有効性を検証するとともに、エネルギーマネジメントの最適化によって消費電力を30%削減することを目指します。

図:実証概要
実証概要図

1.概要

NEDOは、11月30日にインドの健康家族福祉省(MoHFW:Ministry of Health & Family Welfare)および全インド医科大学ニューデリー校(AIIMS New Delhi:All India Institute of Medical Sciences New Delhi)と共同で、同校の医療分野でのエネルギーマネジメントと医療ITを統合し、病院全体のエネルギー削減およびICTを活用した医療データの有効活用事業を行うことに合意し、基本協定書(MOU)を締結しました。

インドの高等教育機関兼病院である全インド医科大学ニューデリー校(AIIMS New Delhi)に太陽光発電を含むユーティリティ設備及びICTを導入し、省エネ効果とシステムの有効性を検証します。

具体的には、再生可能エネルギー活用による商用電力使用量の削減、高効率のユーティリティ設備への更新(空調機器、照明等)及びエネルギーマネジメントシステムにより病院全体の電力使用を最適化した上で、省エネ型のICT Platformを構築します。また、医療画像データの電子管理を行うことなどにより、病院の運営・診療効率を高めていきます。これらの結果、電力が不足するインドの病院における最適なエネルギーマネジメント(環境面、コスト面、信頼性)を実証し、2014年度(実績)比で消費電力を30%削減することを目指します。

また、将来的には各種設備条件、気象条件などを元にしたエネルギー需要予測により、ユーティリティ設備の最適運転計画による省エネ実現および高効率ITソリューションによる医療データ統合、活用を行うことで医療業務の効率化を図り、病院全体でのエネルギー使用量の増加を抑制します。

【用語解説】

※ ICT Platform
省エネ機器とIT機器を統合して運用することで、エネルギー制御だけでなく、医療情報データを一元的に管理・活用し、エネルギー最適管理、診療効率とシステムの改善を行うインフラ基盤のこと。

2.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO 省エネルギー部 担当:望月、高野 TEL:044-520-5284­
NEDO 国際部 担当:片岡、木場 TEL:044-520-5190­

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:藤本、髙津佐、坂本 TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp

関連ページ