本文へジャンプ

ロシア連邦サハ共和国政府およびルスギドロ社と意向表明書に署名
―ロシア極東地域における風力発電システムの普及拡大を目指す―

2016年12月16日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 古川一夫

NEDOは12月16日、ロシア連邦サハ共和国政府およびルスギドロ社との間で、風力発電エネルギー分野に関する意向表明書に署名しました。

この意向表明書では、ロシア極東地域に点在する独立電力系統地域における風力発電の普及拡大を目的として、これまでにNEDOがロシア連邦カムチャツカ地方で進めてきた実証成果の共有と、導入ポテンシャルを有するサハ共和国を対象とした新たな実証事業の検討のための情報交換等の協力に合意しました。

写真
ロシア連邦カムチャツカ地方で実証を進めてきた風力発電システム

1.概要

ロシア極東地域※1には約5,300もの独立電力系統※2が存在し、電力の多くをディーゼル発電に依存していますが、燃料輸送費のために発電コストが極めて高い状況です。このため、電力価格を他地域と同等に維持するための政策措置を執る地方政府は大きな財政負担を余儀なくされています。

そこで、風力発電システムが、発電コストの引き下げにつながる有望な技術としてロシア極東地域で注目されてきました。この地域での導入ポテンシャルは大きく、全体で最大300MWに達すると試算※3されています。しかし、導入を進めていくためには、風力発電システムの寒冷地対策および出力変動に対する独立電力系統の安定化に関する技術の確立が不可欠です。

NEDOは、2014年11月18日に、ロシア連邦カムチャツカ地方政府および公開株式会社ルスギドロ※4(以下「ルスギドロ社」という。)傘下のRAOエネルギーシステムヴォストーク社との間で基本協定書(MOU)を締結し、株式会社駒井ハルテック、富士電機株式会社、三井物産株式会社を委託先として選定して、ウスチ・カムチャツク市において、300kWの風力発電機3基と系統安定化システムから構成される風力発電システムの実証事業を行ってきました。実証運転は2016年1月から10月まで行い、結果、ウスチ・カムチャツク市での風力発電システムによるディーゼル燃料の削減量は年間約400トンと試算※5されました。

ロシア連邦サハ共和国(以下「サハ共和国」という。)には、カムチャツカ地方と同様に、独立電力系統地域が多数点在します。サハ共和国も導入ポテンシャルを有する反面、カムチャツカ地方よりもさらに極寒の環境下にあることなどの理由から、風力発電システムを導入するためには技術開発課題を明らかにして検討を進める必要があります。そこで、2016年11月3日に世耕経済産業大臣兼ロシア経済分野協力担当大臣およびノヴァク・エネルギー大臣との間で開催された日露エネルギー・イニシアティブ協議会第1回会合において、風力発電の導入促進を加速していくことで一致し、2016年12月15日および16日の日露首脳会談で議論された経済分野での8項目の協力プランのうち「エネルギー開発協力」に沿った取り組みとして、今回の意向表明書の署名に至りました。

今後、風力発電システムの普及拡大を目指して、実証を通じて得られた情報の共有を進め、カムチャツカ地方の複数地域への風力発電システムの設置に必要となる調査に着手するとともに、サハ共和国を対象とした新たな実証事業を検討することも視野に入れ、サハ共和国政府およびルスギドロ社との間で、技術課題の特定や評価を進めるための情報交換等の協力を加速します。

2.意向表明書の署名式

12月16日に開催された「日露ビジネス対話」において、署名式が行われ、NEDO古川理事長、サハ共和国ボリソフ首長、ルスギドロ社シュルギノフ役員会議長兼総裁が意向表明書に署名しました。

【用語解説】

※1 ロシア極東地域
ロシア極東連邦管区に属する地域であり、沿海地方、ハバロフスク地方、サハ共和国、アムール州、サハリン州、カムチャツカ地方、ユダヤ自治州、マガダン州、チュコト自治管区から構成。
※2 独立電力系統
独立電力系統とは大規模な電力系統とはつながっていない系統のこと。なお本文中に記載の独立電力系統の数はロシア科学アカデミーシベリア支部エネルギーシステム研究所の報告(2011年)に基づく。
※3 最大300MWに達すると試算
ロシア連邦国立極東大学付属地域エネルギーシステム研究所レポート(2012年)に基づく。
※4 公開株式会社ルスギドロ(ルスギドロ社)
ロシア連邦政府が株式の66.8%を所有するロシア最大規模の国営発電事業者。発電容量は38.7GW。
※5 年間約400トンと試算
ウスチ・カムチャツク市での風力発電システムによるディーゼル燃料の削減率としては約8%に相当。

3.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO 国際部 担当:幸本、酒井、柳生 TEL:044-520-5190

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:藤本、髙津佐、坂本 TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp

関連ページ