本文へジャンプ

NEDOが「研究・イノベーション学会 学会賞」を受賞

2017年10月30日

NEDOは、10月28日と29日の2日間、京都で開催された研究・イノベーション学会 第32回年次学術大会において、「研究・イノベーション学会 学会賞」を受賞しました。

今回の受賞は、NEDOが2015年度から実施している、国内の優れた研究者にNEDOプロジェクトの追跡調査データを提供し分析研究を行う、という新たな取り組みが評価されたものです。NEDOは、2009年10月に開催された第24回年次学術大会においても「独立行政法人化以降にたゆまず進めた技術評価の仕組みの整備」として学会賞を受賞しており、今回で2度目の受賞となります。

また、本学会シンポジウムにおいては、パネルディスカッション「産官学連携によるイノベーション ~イノベーションの新たな「型」と「型破り」~」にNEDO渡邉理事が登壇し、「異種格闘技戦による異分野技術の融合 ~たこつぼ文化の打破~」と題した話題提供を行いました。さらに、9名のNEDO職員が日ごろのプロジェクトマネジメントの成果を発表し、学会出席者との議論を深めました。

  • 表彰会場の全景
    会場の様子
  • 表彰式の様子
    表彰状授与の様子
  • パネルディスカッション壇上の様子
    パネルディスカッションに登壇する
    NEDO渡邉理事
  • 発表する若手職員の様子
    NEDO若手職員による成果発表の様子