本文へジャンプ

「第7回NEDO-CDTI合同ワークショップ」を開催

2018年2月16日

NEDOは2月13日、スペイン政府・産業技術開発センター(CDTI)とともに、「産業排熱等の未利用熱エネルギーの有効利用」をテーマに「第7回NEDO–CDTI合同ワークショップ」をスペイン大使館で開催し、両国から約70名が参加しました。日本-スペイン双方から12の企業・機関が排熱の有効利用に向けた技術開発の紹介や適用技術の経済性検討について講演を行い、セミナー終了後は両国企業間のビジネスマッチングを実施しました。マッチングは大変盛況となりました。

また翌14日、スペインからの訪日ミッション一行は合同ワークショップの一環として、栃木県鹿沼市で高砂熱学工業株式会社が実施中の排熱利用実証試験サイトを視察しました。この実証実験は同社の吸着材蓄熱システムを利用したもので、参加者は熱心に見学し活発な質疑応答も行われました。

  • ワークショップ最中の会場
    ワークショップの様子
  • 活発なビジネスマッチングの様子
    ビジネスマッチング
  • 実証試験サイト訪問見学での関係者の様子
    排熱利用実証試験サイト訪問
    (高砂熱学工業(株)、月島機械(株)、サンエコサーマル(株))