本文へジャンプ

川崎市と起業家支援のワンストップ拠点に関する覚書を締結

2018年5月29日

NEDOは5月28日、川崎市とベンチャー企業の発掘から成長支援までを目的に支援拠点「Kawasaki-NEDO Innovation Center(K-NIC)」(仮称)を川崎市内に共同設置するため、覚書を締結しました。

覚書締結式において、NEDO石塚理事長より「連携を通じて川崎市が将来的に起業家・オープンイノベーションの聖地となり、NEDOとともにイノベーションの創出及び我が国の産業競争力の強化に貢献していくことを祈念する」との挨拶を行いました。

なお、本覚書は、2016年6月に川崎市と締結した先端的技術や中小・ベンチャー企業の発掘・育成などに関する協定に基づき締結するものです。

  • 締結式において挨拶する石塚理事長
    覚書締結式の様子
  • 覚書に署名する石塚理事長と福田川崎市長
    覚書に署名する様子