本文へジャンプ

「第5回 NEDOパワーエレクトロニクスシンポジウム」を開催

2018年12月7日

NEDOは11月22日、東京都内で「第5回 NEDOパワーエレクトロニクスシンポジウム」を開催しました。

「期待される次世代パワーエレクトロニクスの応用-次世代モビリティ-」をテーマとして、「近年、資源制約や環境問題への関心の高まりを背景に益々の進化・普及が期待されている電気自動車分野とその関連分野」、「電動化による環境負荷低減・経済性向上が期待される航空機および船舶分野」、「インフラ整備をはじめ多くの用途で活用される建設機械分野、撮影・輸送・危険区域作業など様々な用途での活用が進むドローン分野」、「2027年開業に向けて開発・建設が進むリニア中央新幹線」などにおける高性能化や省エネルギー化を通して、必要とされるパワーエレクトロニクス像について議論の場を提供しました。

シンポジウムでは、パワーエレクトロニクスの各応用分野に携わる専門家が講演を行いました。150名の参加者があり、講演を聴講するとともに、会場内に展示されたポスターを囲んで、講演者と参加者が意見交換をする様子が見られました。

  • 挨拶するNEDO今井理事の様子
    NEDO今井理事による挨拶
  • シンポジウム会場の聴衆者の様子
    シンポジウムの様子
  • 意見交換会パネル会場での様子
    意見交換会の様子