本文へジャンプ

ZEB(ネット・ゼロ・エネルギービル)、省エネルギービル

日本では、オフィスビル等を中心とする業務部門のエネルギー消費が増加したまま高止まり傾向にあり、エネルギー消費の少ない建物の積極的な普及が望まれています。

ZEB(Net Zero Energy Building)とは

  1. 建築構造や設備の省エネルギー
  2. 再生可能エネルギー・未利用エネルギーの活用
  3. 地域内でのエネルギーの面的(相互)利用

の対策をうまく組み合わせることにより、エネルギーを自給自足し、化石燃料などから得られるエネルギー消費量がゼロ、あるいは、概ねゼロ、となる建築物のことをいいます。

■ZEB関連事業

■発表資料

  • ZEB概要図
    ZEBのイメージ

  • NEDOが実施しているプロジェクト、調査等を取りまとめた成果報告書について、公開後10年以内のものは「成果報告書データベース」より検索及びダウンロードができます。ユーザ登録の上、ご利用ください。