本文へジャンプ

NEDOについて

1970年代に世界を襲った2度のオイルショック。エネルギーの多様化が求められる中、新たなエネルギー開発の先導役として1980年にNEDOが誕生しました。のちに産業技術に関する研究開発業務が追加され、今、NEDOは、2つのミッションを帯びた日本最大の技術開発推進機関として、様々な場面で活躍しています。


NEDOのミッション

■ エネルギー・地球環境問題の解決

新エネルギーおよび省エネルギー技術の開発と、実証試験、導入普及業務を積極的に展開し、新エネルギーの利用拡大とさらなる省エネルギーを推進します。さらに、国内事業で得られた知見を基に、海外における技術の実証等を推進し、エネルギーの安定供給と地球環境問題の解決に貢献します。

■ 産業技術の国際競争力の強化

日本の産業競争力の源泉となる産業技術について、将来の産業において核となる技術シーズの発掘、産業競争力の基盤となるような中長期的プロジェクトおよび実用化開発までの各段階の技術開発を、産学官の英知を結集して高度なマネジメント能力を発揮しつつ実施することにより、新技術の市場化を図ります。

NEDOの役割

1

「エネルギー・環境」「産業技術」「京都メカニズム業務」などの分野を、総合的かつ国際的に推進する政策実施機関です。

2

民間企業だけではリスクが高く、実用化には至らない重要技術について、迅速に実用化を図り社会に普及させていくため、開発・実証・導入などを一体的に実施しています。

3

産学官の技術開発能力を最適に組み合わせ、効率的に事業を実施しています。

NEDOの位置付け NEDOの位置付け図

NEDOは、「独立行政法人通則法」「独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構法」に基づいて設立された独立行政法人です。

最終更新日:平成25年6月12日