本文へジャンプ

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)自動走行システム/大規模実証実験

内閣府が中心となり、関係府省・機関が連携して推進する戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)自動走行システム/大規模実証実験の取組や、イベント情報、公募情報等を紹介するポータルサイトです。

概要

我が国において、自動車乗車中の交通死亡事故件数の減少幅が逓減、高齢者の自動車乗車中の交通死亡事故件数の増加、渋滞の緩和、環境負荷の低減等への対応が急務となっています。これらの解決に向けて自動走行への期待は大きく、関連する市場の拡大も見込まれています。

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)自動走行システムでは、自動走行システムの実用化に向け実証が必要と想定される重要5課題に関して、平成29年度から大規模実証実験を開始します。本実証実験はSIP 自動走行システムで開発した技術に加え、自動車メーカーや関係企業、大学等の研究機関等が開発してきた自動走行システムに関連する各技術を用いて、技術開発の活性化、研究開発成果の評価・課題抽出、実用化への見極め、国際連携・協調の先導、社会受容性の醸成を行います。

■大規模実証実験テーマ重要5課題

  • ⅰ) ダイナミックマップ
  • ⅱ) HMI(Human Machine Interface)
  • ⅲ) 情報セキュリティ
  • ⅳ) 歩行者事故低減
  • ⅴ) 次世代都市交通

主催者メッセージ

「人々に笑顔をもたらす交通社会を目指して」を統一メッセ―ジと定めるSIP自動走行システムにはSIP-adusという略称がつけられ、交通の安全・安心やドライバーの利便性、高齢者・交通制約者にも優しい交通システムを作ることを目標に活動を行ってきました。

平成29年度で4年目を迎えるSIP-adusは、これまで行ってきた研究開発を重要5課題に統合し、今年度より「大規模実証実験」を開始します。5課題における研究開発と実証実験、制度面の課題抽出を進めると同時に、社会受容性を醸成するイベントを通じて、自動走行システムの実用化を加速していきます。

  • adus:Automated Driving for Universal Services

新着情報

  • 平成29年4月17日
    • 「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)/自動走行システムの大規模実証実験」 のポータルサイトをオープンしました

公募情報

本実証実験では、実施を担う受託者(公募により決定)及び実証実験への参加者を募集しています。運営事務局(NEDO)、受託者、参加者との関係は下図の通りです。詳細については公募ページ及び参加者募集ページをご覧ください。

公募イメージ図
平成29年度公募情報
事業・プロジェクト名 予告掲載日 公募開始日 公募締切日 採択結果
ダイナミックマップ 平成29年3月1日 平成29年4月12日 平成29年5月12日 -
ダイナミックマップ国際協調に向けた海外動向等に係る総合調査 平成29年4月28日 平成29年5月18日 平成29年6月13日
HMI(Human Machine Interface) 平成29年4月21日 平成29年5月22日 -
情報セキュリティ - - -
歩行者事故低減 平成29年5月8日 平成29年6月8日 -
次世代都市交通 平成29年4月21日 平成29年5月22日 -
社会受容性醸成イベント等 平成29年4月21日 平成29年5月22日 -

参加者募集情報

公募の流れ図

参加者募集から実証実験開始までの流れ

平成29年度参加者募集情報
課題名 募集開始日
(第一次)
募集締切日
(第一次)
募集開始日
(第二次)
募集締切日
(第二次)
ダイナミックマップ 平成29年4月20日 平成29年6月16日
募集を締め切りました
- -
HMI (Human Machine Interface) 平成29年4月28日 平成29年6月16日
募集を締め切りました
- -
情報セキュリティ - - - -

お問い合わせ

NEDO ロボット・AI部 次世代モビリティグループ

E-mail: sip-adus-fot@ml.nedo.go.jp TEL:044-520-5241­

最終更新日:平成29年6月21日