本文へジャンプ

Press Release

組織変更のお知らせ

―次世代電池と水素関連の取り組みを強化―
2018年4月2日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構

NEDOは、4月1日付で「次世代電池・水素部」を設置しました。

1.概要

近年、気候変動問題の深刻化や新興国の経済成長による資源獲得競争の激化により、持続可能な低炭素社会の構築に向けた国際的な動きが活発化しています。日本はこれらに積極的に取り組み、「エネルギー基本計画」(2014年4月)をはじめとして高い目標を掲げて課題解決をリードしていくことを国際的に明言しています。こうした中、蓄電池、水素・燃料電池技術は、省エネルギー性があることに加えて、カーボンフリーの調整力や電力貯蔵の観点から、将来の主力電源として期待される再生可能エネルギーとの親和性もあり、日本のエネルギー需給構造の低炭素化を促進する中核技術と位置づけられています。また、昨今、運輸部門における温室効果ガス排出量削減や環境負荷低減につながる電気自動車、プラグイン・ハイブリッド車、燃料電池自動車といった次世代自動車の普及の機運が世界全体で高まっていますが、そのキーテクノロジーとなるのが蓄電池、水素・燃料電池技術であり、普及拡大に向けて高性能化や低コスト化、規制見直し等といった検討を図っていく必要があります。

このような背景のもと、NEDOでは、現行リチウムイオン蓄電池の性能を遥かに凌駕する全固体リチウムイオン蓄電池および新原理蓄電池、固体高分子形燃料電池・固体酸化物形燃料電池、水素製造・利活用技術等に関する研究開発・実証研究プロジェクトを進めてきましたが、今後、これらプロジェクトを一体的・効率的な体制で推進し、その成果の社会実装を加速すると同時に、この分野の産業競争力の強化を図ることを目的として、4月1日付けで、「次世代電池・水素部」を新設しました。

2.問い合わせ先

NEDO 次世代電池・水素部 TEL:044-520-5261­

NEDO 広報部 担当:髙津佐、坂本、藤本 TEL:044-520-5151­ E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp