本文へジャンプ

Press Release

新たに機能拡充した「日射スペクトルデータベース」を公開

―高精度な発電量評価や高効率次世代太陽電池の研究開発への活用に期待―
2018年6月1日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 石塚博昭

NEDOは、WEB上で公開している「日射スペクトルデータベース」に2012年末から2015年末まで3年間のデータを加えて機能を拡充、6月1日付で新たに公開しました。

今回のデータ機能拡充で、これまで約1年分にとどまっていた日射スペクトルデータが複数年にわたって閲覧可能になり、年ごとの気象状況の違いを考慮した国内代表5地点の日射スペクトルの特徴がわかります。

今後、太陽光発電事業者の、より標準的で高精度な発電量評価や太陽電池メーカーの高効率な次世代太陽電池の研究開発に、本データベースの活用が期待されます。

  • 「日射スペクトルデータベース」画面表示の例
    図 「日射スペクトルデータベース」の画面表示例

1.拡充したデータベースの内容

NEDOは、日射に関するさまざまなデータベース※1を公開しています。日射スペクトル※2データベースは、北海道(長沼町)、茨城県(つくば市)、岐阜県(岐阜市)、佐賀県(鳥栖市)、鹿児島県(沖永良部島)の国内を代表する5地点における傾斜面と水平面での日射スペクトルデータを気象データとともにデータベース化しており、表示ソフトを用いたデータの閲覧とデータのダウンロードが可能です。

今回、「日射スペクトルデータベース」に2012年末から2015年末まで3年間のデータを加えて機能拡充、6月1日付で新たに公開しました。これにより、これまで約1年分にとどまっていた従来の期間※3を含めた複数年の日射スペクトルデータの閲覧が可能になり、年ごとの収録データの違いを考慮した国内地点での日射スペクトルの特徴が分かるようになりました。

今後、太陽光発電事業者による特定の年の気象状況によらない、より標準的で高精度な発電量評価や太陽電池メーカーによる高効率な次世代太陽電池の開発に向けた研究※4に、本データベースの活用が期待されます。

なお、本データベースは、NEDO事業※5において、一般財団法人日本気象協会が開発した成果です。

【新たに公開したデータベース】

【注釈】

※1 さまざまなデータベース
WEB公開中の「日射量データベース(「年間時別日射量データベース(METPV-11)」「年間月別日射量データベース(MONSOLA-11)」「全国日射量マップ」)」、「日射スペクトルデータベース」および「アジア標準日射量データベース」です。
※2 日射スペクトル
日射エネルギーの波長に対する分布です。
※3 従来の期間
2011年1月1日から2012年12月31日まで約1年間、気象データ、傾斜面日射スペクトルデータ、水平面日射スペクトルデータを収録しました。
※4 高効率な次世代太陽電池の開発に向けた研究
※5 NEDO事業

事業件名: 高性能・高信頼性太陽光発電の発電コスト低減技術開発/共通基盤技術の開発(太陽光発電システムの信頼性評価技術等)/太陽光発電システムの高精度発電量評価技術の開発(日射量データベースの高度化に関する研究)

事業期間: 2015年度~2019年度

2.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO 新エネルギー部 担当:保田、近藤 TEL:044-520-5277

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:坂本、髙津佐、藤本 TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp