本文へジャンプ

Press Release

世界初、CNF複合材料が最新ランニングシューズに採用

―京都プロセスを使ったCNF応用製品が世界規模で発売開始―
2018年6月1日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 石塚博昭

NEDOプロジェクトの成果をもとに、星光PMC(株)が開発したセルロースナノファイバー(CNF)複合材料「STARCEL®」が最新ランニングシューズに採用されました。

採用された「STARCEL®」は、NEDOプロジェクトにおいて、京都大学を主体とする産学連携グループがCNF補強の樹脂材料とその製造プロセスの開発(京都プロセス)に取り組んだ成果をもとに、星光PMC(株)が2018年1月に商業生産を開始したCNF複合材料です。

今回、本材料が(株)アシックスの最新ランニングシューズ製品「GEL-KAYANO® 25」のミッドソール部材の原材料の一部に採用され、世界規模で販売されるCNF適用シューズとして世界初の商品発売となりました。

  • GEL-KAYANO® 25の写真
    図1 GEL-KAYANO® 25

1.概要

セルロースナノファイバー(CNF)は、持続型木質バイオマス資源由来の、軽量、高強度、低熱膨張のナノ繊維であり、樹脂補強繊維としての利用が期待されており、NEDOは、これまでCNF補強の樹脂材料とその製造プロセスの開発を行う研究開発テーマ※1を実施してきました。具体的には、国立大学法人京都大学を主体とする産学連携グループが、CNF補強の樹脂材料の開発と、木材パルプに化学処理を施した変性セルロースをポリエチレン(PE)やポリプロピレン(PP)などの樹脂と混練し、同時にナノ解繊※2する製造プロセス(京都プロセス)の開発に取り組みました。本研究開発の成果をもとに、星光PMC株式会社は独自に改良を重ね、CNF複合材料の製品化に成功し、「STARCEL®」として、2018年1月から商業生産を開始しています。「STARCEL®」は、高強度、熱膨張しにくいといった優れた特性を有しています。

今般、NEDOプロジェクトの成果をもとに開発された「STARCEL®」が、株式会社アシックスの最新ランニングシューズ製品「GEL-KAYANO® 25」のミッドソール部材の原材料の一部に採用され、世界規模で発売開始となりました。これは、CNF適用シューズとして世界規模で発売開始となった世界初の商品化例になります。

GEL-KAYANO®シリーズは、25年に渡り世界のランナーから注目され、愛され続けてきたランニングシューズです。「GEL-KAYANO® 25」のミッドソールには、軽量性とクッション性を兼ね備えた発泡素材「FlyteFoam TM Lyte」が使われており、この原材料の一部にCNF複合材料「STARCEL®」が採用されたものです。

「STARCEL®」をはじめとするCNF複合材料は、スポーツ用品だけでなく、自動車や家電、建材など、さまざまな分野への応用が期待されています。NEDOは、CNFの一貫製造プロセスの開発を引き続き推進し、今後、これらの用途への社会実装に向けた取り組みを進めていきます。

  • STARCEL®製造プロセス
    図2 STARCEL®製造プロセス(京都プロセス)

【注釈】

※1 研究開発テーマ
名称:
グリーン・サステイナブルケミカルプロセス基盤技術開発/セルロースナノファイバー強化による自動車用高機能化グリーン部材の研究開発
期間:
2010~2012年度
参加機関:
国立大学法人京都大学、地方独立行政法人京都市産業技術研究所、王子ホールディングス株式会社、三菱ケミカル株式会社、DIC株式会社、星光PMC株式会社
※2 ナノ解繊
パルプを機械的手法で構成要素であるセルロースナノファイバーのレベルにまでほぐすこと。

2.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO 材料・ナノテクノロジー部 担当:佐々木、沖 TEL:044-520-5220

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:髙津佐、坂本、藤本 TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp