本文へジャンプ

Press Release

「CEATEC JAPAN 2018」に出展へ

―社会に実装されるNEDOのIoT技術を展示―
2018年9月12日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 石塚博昭

NEDOは、10月16日から幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2018」に出展します。

展示ブースでは、「社会に実装されるNEDOのIoT技術 ~未来へ続く、繋がる社会~」をテーマに、展示物を「くらす」「はたらく」の2つにカテゴリ分けし、NEDOの研究開発プロジェクトの成果が将来の超スマート社会においてどのような場面・場所に実装されるのかを分かりやすく紹介します。

例えば、電子タグ(RFID)を活用したスマートショッピングや、仮想現実(VR)ゴーグルを使ったサイバープラント見学など、将来の暮らしや働き方がどのように変わるかを体験できます。

  • NEDOのIoT技術でこう変わる!
    図1 NEDOのIoT技術が使われる場面・場所

1.開催概要

日時: 
2018年10月16日(火)~19日(金) 各日10時00分~17時00分
場所: 
幕張メッセ 千葉県千葉市美浜区中瀬2-1
NEDOブース小間番号:ホール4 特別テーマエリア S003
主催: 
CEATEC JAPAN実施協議会
一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)
一般社団法人情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)
一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)

<体験内容の一例>

【くらす】ゾーン
テーマ名: 
「RFIDでかなえるスマートショッピング~家庭までをつなぐサプライチェーンマネージメント~」
事業者: 
大日本印刷株式会社
内容: 
メーカーで電子タグ(RFID)を貼付した商品が店舗までを流通する過程を再現し、入出荷検品の一括読取や、店舗におけるスマートレジを使った一括精算を体験することができます。

  • 電子タグ(RFID)を活用したスマートショッピングの体験イメージ画像
    図2 電子タグ(RFID)を活用したスマートショッピングの体験イメージ

【はたらく】ゾーン
テーマ名: 
「3Dサイバープラントにより保安を高度化し、事故や人的ミスを撲滅!」
事業者: 
千代田化工建設株式会社、東亜石油株式会社
内容: 
プラントの施工図面が無い状態からでも構築できるサイバープラントで、プラント情報を統合活用するイメージをビデオで見ることができるほか、仮想現実(VR)ゴーグルを使用して実際にサイバープラント内を見学することができます。

  • 3DサイバープラントVR見学イメージ画像
    図3 3DサイバープラントVR見学のイメージ

2.出展テーマ一覧

出展テーマ 出展者名
<くらす>ゾーン
RFIDでかなえるスマートショッピング
~家庭までをつなぐサプライチェーンマネージメント~
大日本印刷(株)
フレキシブルなシートセンサーが健康状態を見守り、細やかなケアに貢献 次世代プリンテッドエレクトロニクス技術研究組合(JAPERA)
体内時計を可視化!コーチングにより最適な睡眠サイクルをサポート (株)O:
<はたらく>ゾーン
3Dサイバープラントにより保安を高度化し、事故や人的ミスを撲滅! 千代田化工建設(株)、東亜石油(株)
Deep Learningによる画像解析で配管の腐食を可視化し、点検業務を高度化・効率化! アクセンチュア(株)
目に見えないインフラの劣化を見逃さない!IoT技術で設備の常時監視! 大阪大学、東京大学、東京電力ホールディングス(株)、東電設計(株)、昭和電工(株)、ダイキン工業(株)、東洋インキSCホールディングス(株)、双葉電子工業(株)
AI画像認識×ルート最適化技術で次世代モビリティサービスを実現

〔1〕 (株)日立製作所、産業技術総合研究所、理化学研究所、情報・システム研究機構、早稲田大学

〔2〕 産業技術総合研究所、東京大学、(株)ディジタルメディアプロフェッショナル、日本電気(株)

〔3〕 アラクサラネットワークス(株)、産業技術総合研究所、(株)IIJイノベーションインスティテュート

選手の動きをリアルタイムに把握し、高度な戦術立案とチームマネジメントを実現 アジア航測(株)、関西大学、美津濃(株)
  • 「AI画像認識×ルート最適化技術で次世代モビリティサービスを実現」は、3つのNEDOプロジェクト成果物を集約したテーマであるため、3グループが出展。

出展内容の詳細情報は、以下のNEDOイベントページで順次更新を行う予定です。

3.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO IoT推進部 担当:五明、水谷 TEL:044-520-5211 E-mail:iot-dept@ml.nedo.go.jp

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:藤本、髙津佐、坂本 TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp