本文へジャンプ

課題解決型福祉用具実用化開発支援事業

基本情報

技術分野 プロジェクトコード P93012
担当部署
  • イノベーション推進部(TEL:044-520-5175)

事業・プロジェクト概要

事業期間:平成5年度~ 、平成28年度予算:1.0億円

急速な高齢化の進展等を背景に、障害者や高齢者にやさしい社会の実現のため、福祉用具開発への期待が高まっています。しかしながら、福祉用具は一般的に市場リスク・開発リスクが大きいため、新たな技術が開発されても、企業が単独でその技術の実用化を図ることは非常に困難です。そこで、企業による福祉用具の実用化開発を促進するための支援が必要となることから、福祉用具の製品開発を担う民間企業とユーザー評価を担う機関・個人(福祉施設・介護施設)とが連携し、アクセシビリティに配慮しやすい製品等の開発・実用化を支援します。

また、実用化開発の課題選定に用いるため、ユーザーニーズを踏まえた情報収集を行うとともに、福祉用具によって、解決されることやその役割・魅力についての普及活動を行います。

助成事業の内容は次のとおりです。

  1. 開発期間: 3年以内
  2. 助成率  : 2/3以内
  3. 助成金額: 年間 2000万円以内
  4. 助成実績: 平成5年度から事業を開始、平成27年度までに219件を採択。

詳細資料

Adobe Readerを入手する

最終更新日:平成28年7月1日