本文へジャンプ

地球温暖化対策技術普及等推進事業

基本情報

技術分野 プロジェクトコード P11013
担当部署
  • 国際部(TEL:044-520-5185)

事業・プロジェクト概要

事業期間:平成23年度~平成29年度、平成27年度予算:30億円

我が国は地球温暖化問題への対応として、海外での温室効果ガスを削減できる優れた技術や製品を多く有していますが、国連が管理する「クリーン開発メカニズム」の下では、我が国が得意とする省エネルギー製品(自動車、家電等)や高効率石炭火力等の低炭素技術に対する適用がほとんどなく、これらの技術・製品を通じた貢献を後押しするには不十分な状況にあると考えられます。
 政府は、二国間合意によって、我が国の低炭素技術や製品、インフラ等の普及や移転による温室効果ガス排出削減・吸収への貢献を、日本の貢献分として評価する仕組みである「二国間クレジット制度(JCM)」の構築に向け、積極的に取り組んでいます。
 NEDOは、こうした政府の取組と連携し、我が国の低炭素技術・製品等の温室効果ガス排出削減効果等を確認・実証する技術実証を実施するとともに、事業性評価や排出削減効果の評価手法等の確立、その他制度・環境整備方策等に関する調査についても実施しています。これらの取り組みは定量的評価手法により温室効果ガスの削減効果を「見える化」することで、これら技術製品等の普及及びJCMの制度設備に資するものです

詳細資料

Adobe Readerを入手する
 

最終更新日:平成28年4月20日