健康・安心社会を実現 大学発事業創出実用化研究開発事業、イノベーション実用化ベンチャー支援事業

新薬開発に欠かせないスクリーニングを
劇的に効率化する手法を開発

三重大学/橋本電子工業株式会社

取材:January 2016

研究室の水槽。幾多の水槽にさまざまなヒト疾患をもつゼブラフィッシュが飼育されている

水槽の中を泳ぐゼブラフィッシュ。下)透明なゼブラフィッシュ「三重小町(MieKomachi)」(提供:田中利男教授)

ゼブラフィッシュの観察を簡便にしたZFプレート。左下)ゼブラフィッシュが整列する様子

観察を半自動化するワークステーション(開発機)

イントロダクション

 新薬開発では、実験動物を対象に安全性や効果を確かめておかなければなりません。そのためには人間の病気を再現したモデル生物が不可欠です。NEDOの「大学発事業創出実用化研究開発事業」では、三重大学大学院医学系研究科の田中利男教授らが、モデル生物となるヒト疾患モデルゼブラフィッシュを開発。さらに、「イノベーション実用化ベンチャー支援事業」では、橋本電子工業が加わり、数多くのゼブラフィッシュを同時に扱うことができるZF(ゼブラフィッシュ)プレートの開発に成功しました。

注目点

ヒト疾患モデルゼブラフィッシュで
創薬スクリーニングに挑戦

ゼブラフィッシュを同時に
効率的に観察するには?

食品の有効成分の試験やがんの個別化医療
——さらなる応用に期待

PAGE TOP