本文へジャンプ

洋上風力発電等技術研究開発

基本情報

技術分野 プロジェクトコード P07015
担当部署
  • 新エネルギー部(TEL:044-520-5270)

事業・プロジェクト概要

事業期間:平成20年度~平成28年度、平成26年度予算:49.0億円
PL:石原 孟(東京大学大学院工学研究科 教授)

我が国は、平野部における陸上風力発電の適地が減少傾向にあり、山岳部ではアクセス道路整備などのコスト負担が増加していることから、今後の風力発電導入には長い海岸線の特徴を活かした洋上風力発電の導入が不可欠です。一般的に洋上では風況が良く、風の乱れが小さいため陸上より風力発電機の稼働率が格段に改善されること、陸から離れた場所であるため、騒音、景観への影響が小さいこと、さらに大型風車の設備運搬が容易となることから、高い事業性が見込まれています。

しかし、洋上での風車設置やメンテナンスでコストがかさむこと、信頼性等様々な課題があることや、欧州と我が国では気象・海象条件が異なっていることから、欧州での事例をそのまま適用することはリスクが大きくなります。そのため、我が国特有の海上風特性や気象・海象条件を把握し、これらの自然条件に適合した洋上における風況観測や風力発電システムに関する技術開発及び環境影響評価手法の情報法収集等に向け、実証研究を行っています。

詳細資料

Adobe Readerを入手する

関連成果(プロジェクト実施者の対外発表記事)

日付 実施者 タイトル
2012年11月15日 新日鉄住金エンジニアリング株式会社
鹿島建設株式会社


洋上風力発電特設サイトバナー


最終更新日:平成26年8月28日