本文へジャンプ

リチウムイオン電池応用・実用化先端技術開発事業

事業・プロジェクト概要

事業期間:平成24年度~平成28年度、平成28年度予算:14.5億円

運輸部門における石油依存の脱却やCO2排出量の削減のため、EV※1やPHEV※2等の次世代自動車の普及拡大が期待されており、その開発・実用化の国際競争が激化しています。
 そのため、本事業においては、EV及びPHEVに搭載するリチウムイオン電池について、1充電当たりの電動走行距離の延伸を図るための高エネルギー密度化、安全性の向上、低コスト化等に資する技術開発を行います。また、量産化による低コストを狙い、自動車以外の用途拡大のための技術開発を行います。これらの取組みを通じて、次世代自動車の普及促進と我が国自動車・蓄電池関連産業の国際競争力の強化を図ります。

  • ※1:EV
    Electric Vehicleの略。電気自動車。
  • ※2:PHEV
    Plug-in Hybrid Electric Vehicleの略。プラグインハイブリッド自動車。
  • 図 本事業の開発目標

基本情報

技術・事業分野 蓄電池 プロジェクトコード P12003
担当部署 スマートコミュニティ部 (TEL:044-520-5264)

詳細資料

最終更新日:平成28年6月17日

関連ページ