本文へジャンプ

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期/自動運転(システムとサービスの拡張)

事業・プロジェクト概要

事業期間:2018年度~2022年度、2020年度予算:32.1億円

自動運転の実現による社会変革に対する期待は高く、自動運転を実用化し普及拡大していくことにより、交通事故の低減、交通渋滞の削減、交通制約者のモビリティの確保、物流・移動サービスのドライバー不足の改善・コスト低減等の社会的課題の解決に貢献し、すべての人が質の高い生活を送ることができる社会の実現が期待されます。

本事業では、自動運転に必要となる協調領域の技術を2023年までに確立し、様々な事業者・自治体等を巻き込んだ実証実験等で有効性を確認するとともに、複数の実用化例を創出することにより社会実装に目途をつけます。

  • 第2期SIP自動運転 概要図
    第2期SIP自動運転 概要

基本情報

技術・事業分野 ロボット・AI プロジェクトコード P18012
担当部署 ロボット・AI部 (TEL:044-520-5247)

詳細資料

最終更新日:2021年3月19日

関連ページ