本文へジャンプ

サプライチェーンの迅速・柔軟な組換えに資する衛星を活用した状況把握システムの開発・実証

事業・プロジェクト概要

2021年度~2022年度(予定)、2022年度予算:約4億円

本事業では、衛星データを活用したサプライチェーンの状況を把握するシステムやアプリケーションを開発するための環境構築、システム・アプリケーション等の有用性や信頼性を評価する評価手法の開発を行う。併せて、サプライチェーン状況把握に資するシステム等の開発実施者等への懸賞金事業を行い、それらの普及を図り、各種産業におけるサプライチェーン動向把握の一助とすることを目指す。

■環境整備事業

衛星データを活用したサプライチェーンの状況を把握するシステムやアプリケーション等の開発を行うために必要な環境を構築する。併せてシステムやアプリケーション等の開発に必要となるテーマ設定や、審査基準策定に資する情報収集やその有用性や信頼性評価手法の開発を行う。

■懸賞金事業

環境整備事業で設定されたテーマに基づいたシステムやアプリケーション等について、最も優れたアイデアを提案した者に懸賞金を交付するコンテストを実施する。

コンテストの概要は以下のとおり。

(1)対象事業者

法人・個人・グループ等を対象とする。

(2)対象研究開発テーマ

アイデア部門及びシステム開発部門の2部門での募集を実施する。

部門 テーマ 賞金の種類
アイデア部門 衛星データなどの利活用により、サプライチェーンマネジメントにおける課題を解決することを可能とする技術・ソリューションに関するアイデア 1位:100万円
2位:50万円
3位:30万円
システム開発部門 テーマ1:
港湾におけるコンテナ物流の渋滞に起因するサプライチェーンへのインパクト推定と可視化サービスの提供
1位:1,000万円
2位:500万円
3位:300万円
テーマ2:
大規模風水害などの災害に起因するサプライチェーンへのインパクト推定と可視化サービスの提供
1位:1,000万円
2位:500万円
3位:300万円

参考ページ:別ウィンドウが開きます NEDO Supply Chain Data Challenge

基本情報

技術・事業分野 分野横断的公募事業 プロジェクトコード P21013
担当部署 イノベーション推進部 (TEL:044-520-5170)

最終更新日:2022年8月19日

関連ページ