本文へジャンプ

本公募2020年度「研究開発型スタートアップ支援事業(旧:研究開発型ベンチャー支援事業)/NEDO Entrepreneurs Program(NEP)」に係る第2回公募について

2020年10月8日

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、下記事業の実施者等を一般に広く募集します。

なお、本事業は、政府予算に基づき実施するため、政府方針の変更等により、公募の内容等が変更される場合があります。また、本公募は、研究開発型スタートアップ支援事業の基本計画・実施方針に記載されている「実施項目2 NEP」に関するものです。

情報を更新しました
2020年10月27日 ・「NEDO事業カタライザーについて」を追加しました。
・「資料」欄を更新しました。 「評価者(外部専門家)候補リスト」を追加。

募集事業について

1.事業内容

(1)概要

NEDOは、具体的な技術シーズを活用した事業構想を有する起業家候補支援プログラム(NEDO Entrepreneurs Program;以下「NEP」という)で活動する起業家候補人材の公募を行います。本公募では、応募要件や支援内容、事業期間に応じて、3つの応募タイプ(NEPタイプA[個人]、NEPタイプA[法人]、NEPタイプB)があります。

採択されたNEP事業者は、NEDOが委嘱する事業化支援人材(事業カタライザー:起業・事業化に向けた活動、及びビジネスプラン構築の指導を行う専門家)によるハンズオン支援を受けながら、事業化可能性の調査や事業化促進に向けた研究開発、実証等(ビジネスプラン作成、市場調査、試作品の設計・製作等)の活動を行います。詳細は、公募要領をご確認ください。

なお、次回の公募は2021年4月頃に行う予定です(※採択額が予算に達した場合には、以後の公募は行わない場合があります)。

助成事業対象者

本公募では、「個人・チーム(研究機関や企業等に所属している者を含む)」、又は「法人(応募事業を実施するために設立した法人)」による応募が可能です。応募タイプによって応募要件や交付条件等が異なりますので、詳細は「公募要領」をご確認ください。

●個人・チーム(研究機関や企業等に所属している者を含む):

いずれのタイプにも応募が可能。ただし、NEPタイプA[法人]、NEPタイプBは、交付申請書の提出までに法人を設立予定の応募者に限る。

●法人(応募事業を実施するために設立した法人):

NEPタイプA[法人]、NEPタイプBに応募が可能。ただし、本公募開始(2020 年10 月8 日)の時点で下記〔1〕~〔4〕全ての条件を満たす法人に限る。

【応募可能な法人の条件】

  • 〔1〕事業化に向けた資金として、出資・融資等の投資を受けていないこと。
  • 〔2〕事業化に向けた資金として、公的機関・民間企業を問わず助成金・補助金等を合計500万円以上、受けていないこと。ただし、『法人設立前に参加したビジネスコンテスト等のイベントによる賞金・特典等』、及び『過去のNEP事業による助成金』は、この合計金額には含めない。
  • 〔3〕本公募に提案する事業にて、売上を計上及びそのための活動を開始していないこと(営業外収益は除く)。
  • 〔4〕雇用保険に加入義務のある労働者を雇用していないこと。
助成金額
  • NEPタイプA[個人]、及びNEPタイプA[法人]:原則5百万円(税抜)未満/件
  • NEPタイプB:原則30百万円(税抜)以内/件
助成事業の期間
  • NEPタイプA[個人]、及びNEPタイプA[法人]:交付決定日から起算して原則6カ月以内(事業終了日は、遅くとも2021年9月30日)。
  • NEPタイプB:交付決定日から起算して原則12カ月以内(事業終了日は、遅くとも2022年3月31日)。
助成対象経費

事業化を進めるために必要な、研究開発や市場調査に係る経費

  • 助成対象となる費目については、応募タイプ等により異なります。詳細は、「公募要領」をご確認ください。
対象技術
  • 経済産業省所管の鉱工業技術(例えば、ロボティクス、AI、エレクトロニクス、IoT、環境、素材、医療機器、ライフサイエンス、バイオテクノロジー、航空宇宙等。但し、原子力に係るものを除く)であること。
  • 具体的な技術シーズであって、研究開発要素があることが想定されること。例えば、スマートフォンのアプリ開発のためのソフトウェアのコーディングなど、技術的要素が薄いものや、既存製品(購入品)を利用しただけのものについては対象外とする。
  • 競争力強化のためのイノベーションを創出しうるものであること。

(2)公募期間

2020年10月8日~2020年11月20日正午まで(必着)。

本公募では、提案書類は「〔1〕電子データ」と「〔2〕郵送が必要な書類」の両方を提出いただく必要があります。いずれの提出期限も上記になりますので、郵送に要する期間も考慮した上で提案書類を準備してください。

提案書類、及び提出方法の詳細は、下記「3.応募方法等」をご確認ください。

2.説明会

公募説明会の開催は未定です。実施する場合は要項をウェブサイト上に掲載します。なお、本ページ最下の資料欄に「公募説明資料」を掲載しております。

また、本公募に関するご質問等は下記「問い合わせ先(メールのみ受付)」までご連絡ください。

3.応募方法等

本ページ下部の資料欄から必要な書類をダウンロードし、応募書類を作成してください。応募書類の詳細は、「公募要領」でご確認ください。

提案書類の提出方法

【〔1〕電子データの提出】

以下(1)~(4)を、以下のURLからアップロードしてください。事前に必ず以下のURL にアクセスし、表示されるページに記載の各注意事項等をご確認ください。

  • (1)提案書(正)(PDF形式)
  • (2)提案書の写し(書面審査用ファイル)(PDF形式)
  • (3)情報項目、提案書様式、別紙2~4(Excel形式)
  • (4)別紙1(Excel形式)
【〔2〕郵送が必要な書類の提出】

以下(5)~(7)を、「公募要領」に記載の宛先まで郵送してください。

  • (5)押印を必要とする書類原本(印刷物)
  • (6)返送用封筒(『提案書類受理票』をNEDOから返送するための封筒)
  • (7)その他の添付書類(該当者のみ)

e-Rad

府省共通研究開発管理システム(e-Rad)に提案内容等をご登録いただく必要がございます。提案内容のご登録方法等、詳細は公募要領等をご覧ください。e-Radをご利用になるためには、御所属の研究機関(企業、国立研究開発法人、大学等の法人)又は研究者本人がe-Radに登録され、ログインID、パスワードを取得しておく必要がございます。登録方法については以下のページをご覧ください。

なお、e-Radへの登録に日数を要する場合がありますので、2週間以上の余裕をもって登録手続きをしてください。

e-Radへの登録に関するヘルプデスク
電話番号: 0570-066-877(ナビダイヤル)、03-6631-0622(直通)
受付時間: 午前9時00分~午後6時00分(平日)
(土曜日、日曜日、国民の祝日及び年末年始(12月29日~1月3日)を除く)

4.日本政策金融公庫の創業支援制度

<参考:創業期に活用できる日本政策金融公庫の融資制度>

新創業融資制度

新規開業資金

女性、若者/シニア起業家支援資金

お問い合わせ、ご相談は上記URLよりお願いいたします。

5.NEDO事業カタライザーについて

NEDOでは「研究開発型スタートアップ支援事業」を中心に、特定の技術シーズを持ち起業を目指す起業家、事業拡大を目指す研究開発型スタートアップへの研究開発支援を実施しています。一般的にディープテックを基盤として起業、事業化を進めるには、技術シーズが有望であったとしても、リードタイムが長くなる傾向にあり、事業化、資金調達等に課題となるケースも多くあります。

そこでNEDOは、起業や事業化等の知見を有する外部有識者を事業カタライザーとして委嘱しており、各支援事業に採択された事業者に対して、ビジネスプラン構築や資金調達等に関してメンタリング(助言)等による支援を提供することで、一層の事業の円滑化、成果の最大化を図っております。事業カタライザーについては、以下の一覧をご参照ください。

6.その他

公募情報に関するお知らせはNEDO公式Twitterにて随時配信しております。ぜひフォローいただき、ご活用ください。

資料

募集要項

技術・事業分野 分野横断的公募事業 プロジェクトコード P14012
事業名 研究開発型スタートアップ支援事業 (旧:研究開発型ベンチャー支援事業)
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)、研究者・研究チーム、個人、その他
公募期間 2020年10月08日~2020年11月20日
問い合わせ先 イノベーション推進部 スタートアップグループ
担当者:NEP事務局
E-MAIL:NEP@nedo.go.jp

関連ページ