本文へジャンプ

予告「人工知能活用による革新的リモート技術開発事業」に係る公募について(予告)

2021年1月25日

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、以下のプロジェクトに参加する実施者を広く公募する予定です。

募集事業について

1.事業内容

(1)概要

今般の新型コロナウイルスの感染拡大による影響を受けて、リモート化のニーズは急速に高まっています。事務作業においてはテレワークやオンライン会議の導入が加速するなど、以前からの課題である働き方改革への対応に一定の進展が見られました。しかし、遠隔の状態がよくわからないという課題も顕在化し、生産性向上への寄与は限定的です。また労働集約的・対面主体の労働現場については、現状の技術では業務遂行に不可欠な情報が伝送できないことからリモート化は十分に進んでおらず、事業活動の停止により大きな経済的打撃を受けています。

社会・経済活動のリモート化をより広範な領域に展開し生産性を向上させるためには、課題である遠隔の様子がよくわかるようにAIを用いて遠隔の状態を推定すること、単なる視聴覚情報ではない力触覚、嗅覚、味覚の五感情報を交え効果的に認知する技術が必要です。

本プロジェクトでは上記の状況を踏まえ、以下の研究開発を委託します。

  • 「状態推定AIシステムの基盤技術開発」
  • 遠隔環境の様子がよくわからないという課題に対応して、計測する人や環境の情報を基にAIを活用して人間の感情や行動等の状態、人間の周辺環境等の状態を推定する技術を開発します。
  • 「高度なXRにより状態を提示するAIシステムの基盤技術開発」
  • 遠隔環境の様子を近傍者が的確に認知する必要があります。人間への効果的な認知に対応する、五感情報を駆使することにより、視聴覚情報に加え力触覚・嗅覚・味覚の情報を提示する技術開発、遠隔環境への的確な操作・介入するために必要な情報をデフォルメして提示するなど現場にいる以上の認知が可能になる技術を開発します。

(2)事業期間

2021年度~2024年度

(3)公募期間

2021年3月上旬に公募を開始予定です。公募期間は1力月間以上を予定しています。

2.応募方法等

公募要領等の詳細は、公募開始日にNEDOのホームページに掲載します。

e-Rad

府省共通研究開発管理システム(e-Rad)に提案内容等をご登録いただく必要がございます。提案内容のご登録方法等、詳細は公募要領等をご覧ください。e-Radをご利用になるためには、御所属の研究機関(企業、国立研究開発法人、大学等の法人)又は研究者本人がe-Radに登録され、ログインID、パスワードを取得しておく必要がございます。登録方法については以下のページをご覧ください。

なお、e-Radへの登録に日数を要する場合がありますので、2週間以上の余裕をもって登録手続きをしてください。

e-Radへの登録に関するヘルプデスク
電話番号: 0570-066-877(ナビダイヤル)、03-6631-0622(直通)
受付時間: 午前9時00分~午後6時00分(平日)
(土曜日、日曜日、国民の祝日及び年末年始(12月29日~1月3日)を除く)

3.その他

公募情報に関するお知らせはNEDO公式Twitterにて随時配信しております。ぜひフォローいただき、ご活用ください。

募集要項

技術・事業分野 ロボット・AI プロジェクトコード P21004
事業名 人工知能活用による革新的リモート技術開発
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)、大学等
公募開始予定日 2021年3月上旬
問い合わせ先 ロボット・AI部
担当者:「人工知能活用による革新的リモート技術開発」担当
E-MAIL:project-remote@nedo.go.jp

関連ページ