本文へジャンプ

決定「自動走行ロボットを活用した新たな配送サービス実現に向けた技術開発事業」に係る実施体制の決定について

2020年8月7日

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、「自動走行ロボットを活用した新たな配送サービス実現に向けた技術開発事業」に係る公募を実施し、ご提案いただいた13件の提案について審査を行い、以下のとおり実施予定先を決定いたしました。

件名

「自動走行ロボットを活用した新たな配送サービス実現に向けた技術開発事業」

事業内容

自動走行ロボットの実用化を早期に実現し、有事においても物流サービスの維持を可能とすることで、サプライチェーンの強靭化を図るとともに、関連するビジネスエコシステムの醸成を図ることを目指し、本事業では、自動走行ロボットの技術開発及び開発成果の実証を集中的に行います。さらに、自動走行ロボットを活用した新たな配送サービス実現の観点から、社会受容性向上に向けた取組の在り方等の分析・検討を実施します。

実施予定先

パナソニック株式会社、株式会社本田技術研究所、楽天株式会社、ソフトバンク株式会社、佐川急便株式会社、株式会社東芝、株式会社NTTドコモ、アイシン精機株式会社、株式会社QBIT Robotics、日本郵便株式会社、京セラコミュニケーションシステム株式会社、TIS株式会社

事業期間

2020年度~2021年度

詳細資料

募集要項

技術・事業分野 ロボット・AI プロジェクトコード P20018
事業名 自動走行ロボットを活用した新たな配送サービス実現に向けた技術開発事業
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)、大学等
問い合わせ先 ロボット・AI部
担当者:和佐田、神山
E-MAIL:robotcomp2@ml.nedo.go.jp

関連ページ