本文へジャンプ

決定「「ゼロカーボン・スチール」の実現に向けた技術開発」に係る実施体制の決定について

2020年6月17日

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、「「ゼロカーボン・スチール」の実現に向けた技術開発」に係る公募を実施し、ご応募いただいた1件の申請について審査を行い、以下のとおり実施予定先を決定いたしました。

なお、採択審査委員一覧は別添の通りです。

件名

「ゼロカーボン・スチール」の実現に向けた技術開発

事業概要

我が国の鉄鋼業は、日本の温室効果ガス総排出量の約13%に相当する二酸化炭素を排出している産業であり、その排出削減対策は重要な課題となっています。現行の高炉法による低炭素化については、「環境調和型プロセス技術の開発/水素還元等プロセス技術の開発(フェーズII-STEP1)」(COURSE50)で技術開発中ですが、ここで得られる知見を足掛かりとして、「ゼロカーボン・スチール」の実現に向けた、高炉を用いない水素還元等の超革新技術が必要とされています。

本事業では、「ゼロカーボン・スチール」の実現に向けた研究開発に取り組むため、現段階での諸課題を抽出し、研究開発を加速させるための先導研究を行います。

採択テーマと実施予定先

「ゼロカーボン・スチール」の実現に向けた技術開発」(日本製鉄株式会社、JFEスチール株式会社、株式会社神戸製鋼所、一般財団法人金属系材料研究開発センター)

事業期間

2020年度~2021年度

詳細資料

募集要項

技術・事業分野 次世代火力・CCUS プロジェクトコード P20014
事業名 「ゼロカーボン・スチール」の実現に向けた技術開発
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)、大学等
問い合わせ先 環境部 次世代火力・CCUSグループ
担当者:春山、園山、在間
FAX:044-520-5253­­
E-MAIL:cct.projects@ml.nedo.go.jp

関連ページ