本文へジャンプ

決定「カーボンリサイクル・次世代火力発電等技術開発/次世代火力発電基盤技術開発/CO2分離・回収型ポリジェネレーションシステム技術開発」に係る実施体制の決定について

2020年11月20日

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、「カーボンリサイクル・次世代火力発電等技術開発/次世代火力発電基盤技術開発/CO2分離・回収型ポリジェネレーションシステム技術開発」に係る公募を実施し、ご応募いただいた2件の申請について審査を行い、以下のとおり実施予定先を決定いたしました。

なお、採択審査委員一覧は別添の通りです。

件名

カーボンリサイクル・次世代火力発電等技術開発

次世代火力発電基盤技術開発

CO2分離・回収型ポリジェネレーションシステム技術開発

事業概要

経済産業省が2019年6月に策定した「カーボンリサイクル技術ロードマップ」や2020年1月の「革新的環境イノベーション戦略」では、CO2を素材や燃料へ再利用することなどを通して大気中へのCO2排出を抑制していく方針が示され、CO2分離・回収技術についてはイノベーションを通じたコスト削減を目指すとされています。これを踏まえて本事業では、石炭火力においてガス化技術の適用により、発電システムとCO2分離・回収プロセスを一体化させ、また、バイオマスや廃棄物等を燃料とすることでCO2を削減するとともに有価物を併産することで、CO2分離・回収コストを低減するポリジェネレーションシステムを開発します。

採択テーマと実施予定先

「多様な燃料を利用するCO2回収型ポリジェネレーションシステム基盤技術開発」(一般財団法人電力中央研究所)

「CO2分離・回収型ポリジェネレーションシステム技術開発」(大阪ガス株式会社、一般財団法人石炭エネルギーセンター)

事業期間

2020年度~2024年度

詳細資料

募集要項

技術・事業分野 次世代火力・CCUS プロジェクトコード P16002
事業名 カーボンリサイクル・次世代火力発電等技術開発/次世代火力発電基盤技術開発/CO2分離・回収型ポリジェネレーションシステム技術開発
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)、大学等
問い合わせ先 環境部 次世代火力・CCUSグループ
担当者:越後、青戸、菅本、阿部
E-MAIL:cct.projects@ml.nedo.go.jp

関連ページ