本文へジャンプ

決定「アルミニウム素材高度資源循環システム構築事業」に係る実施体制の決定について

2021年7月2日

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、「NEDO」という。)は、「アルミニウム素材高度資源循環システム構築事業」に係る公募を実施し、ご提案いただいた2件について外部有識者による採択審査及びNEDO内の審査を経て、提案について審査を行い、2件の実施予定先(別添2参照)を決定いたしました。

なお、採択審査委員及び採択テーマ一覧は、資料欄をご覧ください。

1.件名

アルミニウム素材の高度資源循環システム構築事業

2.事業概要

近年、環境問題の深刻化が予測され、“循環経済(CE)”への転換が求められています。アルミニウムは、資源循環向上の取り組みが期待される素材であり、輸送用機器の軽量化等、CO2排出量削減を目的とする用途において需要の大きな伸びが予測されていますが、電解製錬により新地金を製造するため、製造時のCO2排出原単位が11.1kg-CO2eq/kgと大きいことが課題です。一方、再生地金はアルミニウムの融点が低く、再生のためのエネルギーが新地金製造の1/20程度と少ないことから、需要が増大しつつあります。ただし、アルミニウムスクラップのリサイクル過程で混入する不純物により、再生地金は一部の用途に使用が限定される状況にあります。

そこで、本事業はアルミニウム素材の高度資源循環システム構築のため、不純物元素除去技術、微量不純物存在下の材料特性向上技術の開発を行います。

3.事業期間

2021年度から2025年度まで

詳細資料

募集要項

技術・事業分野 3R・水循環 プロジェクトコード P21003
事業名 アルミニウム素材高度資源循環システム構築事業
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)、大学等
問い合わせ先 環境部 3Rグループ
担当者:上村、柳田、伊東
FAX:044-520-5253
E-MAIL:3r-pj@ml.nedo.go.jp

関連ページ