本文へジャンプ

決定「カーボンリサイクル・次世代火力発電等技術開発/CO2有効利用拠点における技術開発」に係る実施体制の決定について

2022年4月7日

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、「カーボンリサイクル・次世代火力発電等技術開発/CO2有効利用拠点における技術開発」に係る公募を実施し、ご応募いただいた7件の申請について審査を行い、以下のとおり実施予定先を決定いたしました。

なお、採択審査委員一覧は別添の通りです。

1.件名

カーボンリサイクル・次世代火力発電等技術開発/CO2有効利用拠点における技術開発

2.事業概要

2019年9月に開催されたカーボンリサイクル産学官国際会議において、経済産業省より、カーボンリサイクル3Cイニシアティブ、すなわち、3つのCのアクションとして、〔1〕相互交流の推進(“C”aravan)、〔2〕実証研究拠点の整備(“C”enter of Research)、〔3〕国際共同研究の推進(“C”ollaboration)に取り組むことが示され、カーボンリサイクル技術の開発を効率的に進めるためには、CO2の分離・回収が行われている場所において、カーボンリサイクル技術開発を重点的に進める必要があります。

そこで本事業では多様なCO2有効利用技術を実用化するため、高純度のCO2が得られる広島県大崎上島の研究拠点においてCO2有効利用技術開発を実施します。基礎研究エリアでは、基礎研究あるいは先導研究等の研究開発フェーズにあるCO2有効利用技術開発を、また実証研究エリアでは、実証あるいは実用化研究等の研究開発フェーズにあるCO2有効利用技術開発を実施します。研究開発課題はCO2を原料とした電解・還元、化学品、燃料、鉱物化に関する技術を対象とします。ただし、液体燃料のうち「微細藻類バイオ燃料:SAF」に特化した技術については対象外とします。

3.採択テーマと実施予定先

  • 「ダイヤモンド電極を用いた石炭火力排ガス中CO2からの基幹物質製造」
  • (学校法人慶應義塾、学校法人東京理科大学、一般財団法人石炭フロンティア機構)
  • 「大気圧プラズマを利用する新規CO2分解・還元プロセスの研究開発」
  • (国立大学法人東海国立大学機構、川田工業株式会社)
  • 「CO2の高効率利用が可能な藻類バイオマス生産と利用技術の開発」
  • (日本製鉄株式会社)
  • 「CO2を炭素源とした産廃由来炭化ケイ素合成」
  • (国立大学法人東北大学)
  • 「カーボンリサイクルLPG製造技術とプロセスの研究開発」
  • (ENEOSグローブ株式会社、日本製鉄株式会社、国立大学法人富山大学)
  • 「微細藻類によるCO2固定化と有用化学品生産に関する研究」
  • (株式会社アルガルバイオ、関西電力株式会社)

4.事業期間

2022年度~2024年度

詳細資料

募集要項

技術・事業分野 次世代火力・CCUS プロジェクトコード P16002
事業名 カーボンリサイクル・次世代火力発電等技術開発/CO2有効利用拠点における技術開発
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)、大学等
問い合わせ先 環境部 次世代火力・CCUSグループ
担当者:戸島、齊藤、福原、吉田
FAX:044-520-5253
E-MAIL:cct.projects@ml.nedo.go.jp

関連ページ