本文へジャンプ

予告「ネガティブエミッション技術(NETs)の俯瞰調査と我が国における有望技術の抽出」に係る公募について(予告)

2022年5月27日

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、下記事業の実施者を一般に広く募集する予定です。

募集事業について

1.事業内容

(1)概要

パリ協定採択に基づいた気候変動対策として、我が国では2050年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロにするという極めて高い政策目標が示されている。これを受け、2021年10月の「パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略」閣議決定や2022年3月の経済産業省グリーンイノベーション戦略推進会議では、省エネルギー・CCS/CCUSに資する技術に加え、ネガティブエミッション技術(NETs)の普及を念頭におく必要性が示された。また、最新の科学的知見を評価した2022年4月のIPCC AR6 第3作業部会報告においても、NETs活用の重要性が指摘された。NETsとは、大気中のCO2を回収・吸収し、固定することで、大気中のCO2除去に資する技術を指す。狭義では、自然のCO2吸収・固定の過程に人為的な工程を加えることで、CO2固定化を加速する技術やプロセスを指す。例えば、NETsの一つである風化促進は、千~万年を経て進行する岩石の炭酸塩化過程を、岩石の微粉化等により人為的に加速する技術である。

本調査では、このような「NETs」の現状認識と我が国における有望技術の抽出を目的として、CO2削減ポテンシャルやコスト、炭素会計、環境影響等の国内外の情報を収集し、地理的・技術的・政策的観点より、社会実装に向けた課題と解決策を検討する。

(2)事業期間

2022年度

(3)公募期間

2022年6月中旬~2022年6月下旬(最終日正午まで)の予定です。

2.応募方法等

公募要領等の詳細は公募開始日にNEDOのホームページに掲載します。

3.その他

公募情報に関するお知らせはNEDO公式Twitterにて随時配信しております。ぜひフォローいただき、ご活用ください。

募集要項

技術・事業分野 地球温暖化対策 プロジェクトコード P*****
事業名 ネガティブエミッション技術(NETs)の俯瞰調査と我が国における有望技術の抽出
事業分類 調査等
対象者 企業(団体等を含む)、大学等、研究者・研究チーム、その他
公募開始予定日 2022年6月中旬
問い合わせ先 技術戦略研究センター 環境・化学ユニット
担当者:鈴木、寒川、坂本
TEL:044-520-5150 E-MAIL:tsc-envchem-u@ml.nedo.go.jp

関連ページ