本文へジャンプ

決定「グリーンイノベーション基金事業/再エネ等由来の電力を活用した水電解による水素製造プロジェクト」に係る実施体制の決定について

2021年8月26日

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、「グリーンイノベーション基金事業/再エネ等由来の電力を活用した水電解による水素製造プロジェクト」に係る公募を実施し、ご提案いただいた6件について外部有識者による採択審査およびNEDO内の審査を経て、以下のとおり3件の実施予定先を決定しました。

採択審査委員は別紙1のとおりです。

1.件名

「グリーンイノベーション基金事業/再エネ等由来の電力を活用した水電解による水素製造プロジェクト」

2.事業概要

本事業では、水電解装置を用いた水素製造コストを削減し、製造された水素を有効活用し、目指すべき社会実装モデルを構築する観点から、下記テーマに取り組みます。

【研究開発項目1】水電解装置の大型化技術等の開発、Power-to-X 大規模実証

  • 研究開発内容〔1〕水電解装置の大型化・モジュール化技術開発
  • 研究開発内容〔2〕優れた新部材の装置への実装技術開発
  • 研究開発内容〔3〕熱需要や産業プロセス等の脱炭素化実証

【研究開発項目2】水電解装置の性能評価技術の確立

3.実施予定先と実施テーマ

実施予定先と実施テーマは、別紙2のとおりです。

4.事業期間

【研究開発項目1】については2021年度から2030年度まで最大10年間、【研究開発項目2】については2021年度から2025年度まで最大5年間とします。

但し、事業ごとにステージゲートを設定し、その進捗を見て、継続可否を判断します。そのため、原則として、当初に契約または交付決定する期間は直近のステージゲート実施時期までとします。

詳細資料

募集要項

技術・事業分野 燃料電池・水素 プロジェクトコード P21018
事業名 グリーンイノベーション基金事業
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)、大学等
問い合わせ先 スマートコミュニティ・エネルギーシステム部 燃料電池・水素室
担当者:大平、後藤、鈴木
E-MAIL:hydrogen#ml.nedo.go.jp(#を@に変えてください)(受付期間:5月28日~6月24日)

関連ページ