本文へジャンプ

短信レポート「コロナ禍後の社会変化と期待されるイノベーション像」を公表

―「新しい社会様式」に求められるイノベーションを提示―
2020年6月24日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 石塚博昭

NEDOはコロナ禍後の「新しい社会様式」の実現に向けたイノベーションの検討を後押しするべく、さまざまな分野で発信されている客観的な情報を整理・分析し、TSC Foresight短信レポート「コロナ禍後の社会変化と期待されるイノベーション像」を公表しました。

1.概要

新型コロナウイルス感染症の拡大は、感染を予防しながら経済活動を続ける「新しい社会様式」の実現を私たちに迫りました。国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、社会の変化を敏に捉え、さまざまな分野で発信されている客観的な情報を整理・分析し、TSC Foresight短信レポート「コロナ禍後の社会変化と期待されるイノベーション像」として本日公表しました。

社会全体でこの先を見据えた具体的な検討が進められている中、NEDOはこのレポートを基にあらゆる領域で議論を深めて検討を進め、「イノベーション・アクセラレーター」としての役割を強化し、世界的な課題解決に貢献していきます。

2.「コロナ禍後の社会変化と期待されるイノベーション像」のキーメッセージ

コロナ禍は、これまで良いことと認識し、また、社会活動の基盤と捉えてきた、人と人との緊密なコミュニケーションは、時として制限することが求められるものであること、また、信頼を寄せてきた広域な移動やサプライチェーンは、時として機能し得なくなるものでもあることなど、人類に多くのことを気づかせました。

コロナ禍により、医療現場にも、教育現場にも、家庭にも、モノづくりの現場にも、行政事務にも、更には都市の在り方においても、デジタルシフトや強靭性を高めるなど、「新しい社会様式」が期待されており、その実現には、新しいイノベーションが求められます。

この期待される新しいイノベーション像は非常に広範なものであり、また、今や世界的な社会課題であることから、その実現に当たっては、国内の政策当局、産業界、学界が一体となって取り組み、高い技術力を有する日本の叡智を結集し、世界的なけん引役を担っていくことが期待されます。

【コロナ禍後に必要とされるイノベーション像】

<共通キーワード>

  • リモート、オンライン、分散化、自動化、省人化 ⇒ デジタルシフト
  • レジリエントなエネルギー社会、強靭なサプライチェーン ⇒ 低環境負荷社会への更なる転換

<共通技術(イノベーション創出に必要となる技術)>

  • オンライン・コミュニケーション:テレワーク、オンライン化(授業、診療、会議等)
  • リアリティ:バーチャル会議、オンラインイベント、自動化・省人化(スマート農業・工場等)
  • 信頼性・セキュリティ:接触抑制技術全般、smart決済(スーパー等)、インフラ、交通
  • 環境・エネルギー対策:3R、環境材料、バイオ生産、天然物合成技術、再生可能エネルギーへの移行、エネルギーシステムの強靭性増強策

3.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO 技術戦略研究センター 担当:大久保、大石 TEL:044-520-5150­

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:佐藤、鈴木(美)、坂本 TEL:044-520-5151­ E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp