本文へジャンプ

「人工知能(AI)技術分野における大局的な研究開発のアクションプラン」を公表
―12の「取り組むべきAI技術開発」を抽出、事業化へ向け検討を推進―

2021年6月14日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 石塚博昭

NEDOは人工知能(AI)技術戦略の策定およびプロジェクトの早期開始に向けて、AI技術や密接に関係する技術、さらにはAIを含む新技術について開発の方向性などを大局的に検討・整理した「人工知能(AI)技術分野における大局的な研究開発のアクションプラン」(AIアクションプラン)を公表しました。

このAIアクションプランでは2016年に公開した「次世代人工知能技術社会実装ビジョン」を参考に学術界・産業界の有識者で構成した「AIアクションプラン策定委員会」で議論を行い、期待される社会像に向けて12の「取り組むべきAI技術開発」を抽出しました。NEDOは、今後、ここから他分野への展開も含めて取り組む事業を選定し、事業化に向けた検討を進めていきます。

1.概要

人工知能(AI)は世界各国で積極的な研究開発投資が行われており、最先端の技術は刻一刻進化しています。

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)はこのたび、新たなAI技術戦略の策定およびプロジェクトの早期開始に向けて、日本がAI分野で世界をリードしていくための新たなアクションが必要であると考え、AI技術やAIに密接に関係する技術、さらにAIを含む新技術に関する開発の方向性などを大局的に検討・整理した「人工知能(AI)技術分野における大局的な研究開発のアクションプラン」(AIアクションプラン)を公表しました。

NEDOは2016年に次世代のAI技術の発展を見据えて、AI技術が日本の出口分野でどのような効果をもたらすかを、AI技術の進展予測と共に、時間軸上に可視化した「次世代人工知能技術社会実装ビジョン※1」を公表しています。今回公表したAIアクションプランはこのビジョンを参考に、学術界・産業界の有識者で構成した「AIアクションプラン策定委員会※2」(委員会)で議論を行い策定したものです。

2.AIアクションプランの主な内容

委員会では、「次世代人工知能技術社会実装ビジョン」、「人工知能技術戦略」、「科学技術・イノベーション基本計画」や文部科学省による「国・機関が実施している科学技術による将来予測に関する調査」をはじめとする各省庁の将来予測調査から20分野を選定し、また海外のAI開発動向なども参考に、今後10年程度の期間を見据えて、将来期待される社会像とそれに向けた取り組み、さらにAI技術の関わりを整理し、議論を行いました。

その結果、AIを積極的に活用すべき分野として、農業などの第一次産業も含めた「ものづくり(生産)」「生活・都市」「モビリティ」「教育」「健康(ウェルビーイング)」などを掲げ、まずは「期待される社会像」を描いた上で「社会像に向けた取り組み」を整理し、そこから期待される社会像に向けて12の「取り組むべきAI技術開発」を抽出しました(下図参照)。

  • 期待される社会像に向けて抽出した12の「取り組むべきAI技術開発」図
    ※水色で表示の部分が期待される社会像に向けて抽出した12の「取り組むべきAI技術開発」
    図 期待される社会像に向けて抽出した12の「取り組むべきAI技術開発」

AI技術はこれまで深層学習の隆盛を受けて大きく発展してきましたが、今後10年は意味理解のAIの開発が求められています。同様に今後10年を見据えて、「部分最適化から全体最適化/人とAIの関係性の多様化」「画像・音声など、個別の認識精度の向上からモダリティを統合した環境認識」といった方向に進んで行くと考えられます。

こうした中で、ものづくり(生産)の分野では、材料探索だけでなく製品の製造も含めた「製造プロセス全体を最適化するAI」、教育の分野では、学習過程をAIでモデル化することによる「人の学習工程の解明とAIによる学習支援」、生活・都市やモビリティの分野では、多様なセンサー情報を統合できるAI技術の開発を目指す「無人搬送車(AGV)などのための環境認識技術の精度向上」、健康(ウェルビーイング)の分野では、脈拍や体温、血糖値などといった各種のセンサー情報も含めた「多様な情報から医師に選択肢を提示できるAI」、を取り組むべきAI技術開発として抽出しました。

また、複数の分野に共通する課題では、「記号推論と深層学習の結合による意味理解のためのAI」や「深層強化学習の新たなアーキテクチャの創出」も、取り組むべきAI技術開発として抽出しました。

NEDOは、今後、AIアクションプランとして抽出された12の「取り組むべきAI技術開発」から、他分野への展開も含めて、取り組む事業を選定し、事業化に向けた検討を進めていきます。

詳細は以下の資料をご参照ください。

【注釈】

※1 次世代人工知能技術社会実装ビジョン
参考:NEDOニュースリリース 2016年4月21日『サイト内リンク 「次世代人工知能技術社会実装ビジョン」を公表
※2 AIアクションプラン策定委員会
委員長 中島 秀之 公立大学法人札幌市立大学 学長
(以下五十音順、敬称略)
  • 稲見 昌彦 国立大学法人東京大学 先端科学技術研究センター 教授
  • 牛久 祥孝 株式会社Ridge-i 取締役 Chief Research Officer
    オムロンサイニックエックス株式会社 Principal Investigator
  • 川上 登福 株式会社経営共創基盤 共同経営者(パートナー) マネージングディレクター
  • 松尾 豊  国立大学法人東京大学 教授
  • 丸山 宏  花王株式会社 エグゼクティブ・フェロー
    国立大学法人東京大学 人工物工学研究センター特任教授
    株式会社Preferred Networks PFNフェロー
  • 村川 正宏 国立研究開発法人産業技術総合研究所  情報・人間工学領域
    人工知能研究センター 副研究センター長
    (兼務)人工知能研究戦略部研究企画室長

3.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO ロボット・AI部 担当:関澤、吉田(准)、御代川、杉村、波多野
TEL:044-520-5241­ E-mail:ai-acplan@nedo.go.jp

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:坂本、橋本 TEL:044-520-5151­ E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp

関連ページ