本文へジャンプ

機能性化学品の連続精密生産プロセス技術の開発

事業・プロジェクト概要

事業期間:2019年度~2025年度、2021年度予算:4.8億円
PL:山本 尚(中部大学 教授)

本プロジェクトでは、今後成長が期待される機能性化学品(高付加価値、多品種少量生産)の分野において、日本が強みを有する不均一系触媒の技術を用い、これまで行われてきたエネルギー多消費で多くの共生成物を排出するバッチ法を省エネで効率的な連結フロー法に置き換えるための研究開発を国内トップレベルの実施主体による産学連携研究体制で進めることにより、機能性化学品が連続精密生産可能な多段階システムを開発し、生産プロセス・イノベーションを創出します。

  • 事業説明のイメージ図
    事業説明図

基本情報

技術・事業分野 材料・部材 プロジェクトコード P19004
担当部署 材料・ナノテクノロジー部 (TEL:044-520-5220)

詳細資料

最終更新日:2021年9月6日

関連ページ