本文へジャンプ

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期/ビッグデータ・AIを活用したサイバー空間基盤技術

基本情報

技術分野 プロジェクトコード P18013
担当部署
  • ロボット・AI部(TEL:044-520-5242)

事業・プロジェクト概要

事業期間:2018年度~2022年度、2019年度予算:8.4億円
PL:安西 祐一郎(日本学術振興会 顧問/学術情報分析センター所長)

Society 5.0を具現化するサイバー空間とフィジカル空間を高度に融合するサイバー・フィジカル・システムの社会実装に向けて、ビッグデータ・AI に係る基盤技術として、人と AI が協働することで人の認知・行動を支援・増強するヒューマン・インタラクション基盤技術、分野間データ連携基盤技術、AI 間連携基盤技術を開発します。

開発した基盤技術について、人工知能技術戦略産業化ロードマップで示された生産性、健康・医療・介護、空間の移動の重点3分野を念頭に、我が国が質の高い現実空間の情報を有する領域や我が国が解決すべき社会課題の領域における複数の現場等でのデータ収集、プロトタイピング、技術実証・評価を実施し、基盤技術の有効性検証と複数の実用化例を創出することで、ビッグデータ・AI を活用した新たなビジネスモデルの誕生を促進します。

  • 事業説明図
    事業説明図

最終更新日:2019年6月7日