本文へジャンプ

炭素循環社会に貢献するセルロースナノファイバー関連技術開発

事業・プロジェクト概要

事業期間:2020年度~2024年度、2022年度予算:6.42億円
PL:八尾 滋

植物素材であるセルロースナノファイバー(CNF)は鋼鉄の1/5の軽さ・5倍以上の強度、ガラスの1/50の低熱膨張性を有する高性能素材であり、また、大気中のCO2を吸収・固定した木材等が原料であることから、カーボンリサイクルの一端を担うことが可能であり、炭素循環社会の実現を目指します。

CNF関連技術は大きく進展し、実用化に向けてユーザー企業からの期待が増大している一方で、市場拡大にはさらなる用途の開拓やコストダウンが切望されています。

CNFを種々用途に展開していくため、CNF製造プロセスにおける大幅コスト低減(研究開発項目〔1〕)及び市場拡大に向けた用途開発(研究開発項目〔2〕(1))を促進し、同時にCNFの安全性基盤技術開発(研究開発項目〔2〕(2))を行い、社会実装・市場拡大を早期に実現することで、CO2の排出量を削減し、エネルギー転換・脱炭素化社会の実現に貢献します。

  • 樹木セルロースの階層構造イメージ画像
    樹木セルロースの階層構造



  • 事業説明図の画像
    事業説明図
  • 実用化イメージ図の画像
    実用化イメージ図


CNF人材育成講座
CNF人材育成講座
(画像のクリックでリンク先へアクセスします)
「nanotech2022」NEDOパネルディスカッション
「nanotech2022」NEDOパネルディスカッション
(画像のクリックでリンク先へアクセスします)

基本情報

技術・事業分野 材料・部材 プロジェクトコード P20009
担当部署 材料・ナノテクノロジー部 バイオエコノミー推進室 (TEL:044-520-5220­)

詳細資料

最終更新日:2022年8月10日

関連ページ