本文へジャンプ

本公募2021年度「エネルギー消費の効率化等に資する我が国技術の国際実証事業(実証要件適合性等調査)」に係る第1回公募について

2021年2月16日

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)では、「エネルギー消費の効率化等に資する我が国技術の国際実証事業」のうち「実証要件適合性等調査」の実施者を募集致しますので、本件について実施を希望する方は、下記に基づき御応募ください。

なお、本事業は、政府方針の変更等により、公募の内容等が変更される場合がございます。

情報を更新しました
2021年2月22日 「2.説明会」の更新及び資料Zipファイル「公募資料一式(2021年度第1回実証要件適合性等調査)」内の「公募要領」について目次を修正。

募集事業について

1.事業内容

エネルギー消費の効率化等に資する我が国技術の国際実証事業

(1)概要

我が国が強みを有し、かつ3E+S(安定供給、経済性、環境適合、安全性)の実現に資するエネルギー技術を対象に、相手国政府機関等との協力の下、海外の環境下での有効性を実証し、その技術の国内外での普及につなげることを目的とします。これにより、海外のエネルギー消費の抑制を通じた我が国のエネルギー安全保障の確保に資するとともに、温室効果ガスの排出削減を通じた地球温暖化問題の解決に寄与することを目指します。また、制度的に先行している海外のエネルギー市場での実証を通じて、日本への成果の還元を目指します。

(2)事業内容

本事業は〔1〕実証要件適合性等調査、〔2〕実証前調査、〔3〕実証研究、〔4〕フォローアップによって構成されます。〔1〕実証要件適合性等調査の終了時に競争選抜(以下「ステージゲート審査」という。)を行い、実証研究候補として有望と認められた個別テーマは〔2〕実証前調査に移行します。〔2〕実証前調査の終了時には個別テーマ毎に事業化評価を行い、実証研究の実現可能性及び技術の普及可能性が十分認められたものは、〔3〕実証研究に移行します。また、実証成果の普及に向けた活動が必要かつ有効と認められる場合は、〔4〕フォローアップを実施することがあります。

事業フロー

[1]実証要件適合性等調査

提案者が実証したい技術を対象として、当該技術のビジネス展開を狙う国・地域におけるエネルギー事情、関連政策、ビジネス環境等の情報収集を相手国政府機関や相手国企業等と意見交換しつつ行うとともに、実証研究の実現性及び普及可能性の検証を行います。本調査の結果をもとに、実証要件適合性等調査を完了した他の個別テーマとの間で競争選抜(ステージゲート審査)が行われ、実証研究対象として有望であると認められた個別テーマについては実証前調査に移行します。

  • 実施形態:委託(NEDO負担率100%)
  • NEDO支出予算額:1テーマあたり20百万円以内
  • 期間:原則1年以内
  • 「[2]実証前調査」以降の説明は資料「公募要領」でご確認ください。

(3)対象とする技術・実証の要件と技術分野

  1. 電力系統監視・安定化技術 
  2. 分散型エネルギーシステムの構築及び調整力向上に資する技術 
  3. 余剰電力のエネルギー変換技術 
  4. 電化の拡大に資する技術 
  5. 低コストな水素関連技術(水素製造、輸送・貯蔵、利用) 
  6. メタネーション等、削減・代替効果が期待できるカーボンリサイクル関連技術 
  7. 持続可能なバイオ燃料・合成燃料生産技術 
  8. ビッグデータ、AI、分散管理技術等を用いたスマートシティ関連技術 
  9. 運輸分野のエネルギー転換・脱炭素化に資する技術 
  10. IoT・AI等を活用した産業・業務・家庭分野におけるエネルギー効率化技術 
  11. 従来型ではない先進的な再エネ技術 
  12. その他、エネルギー転換・脱炭素化に貢献する技術

(4)実証要件適合性等調査の期間

実証要件適合性等調査の期間については、ステージゲート審査の審査時期によって、以下のいずれかから選択可能です。

(調査期間は、最長で2022年3月末までとなります。)

〔1〕2021年度下期のステージゲート審査に申請する場合、NEDOが指定する日から2021年9月末まで

〔2〕2022年度上期のステージゲート審査に申請する場合、NEDOが指定する日から2022年3月末まで

(5)実証要件適合性等調査の規模

実証要件適合性等調査の1件あたりの事業規模(NEDO支出予算額)は20百万円以内です。

2.説明会

当該公募の内容、契約に係る手続き、応募書類等についてのオンライン説明会は終了いたしました。

公募説明会資料はページ下部「資料」部分に掲載しておりますので、そちらをご参照ください。

3.応募方法等

本ページ下の資料欄から必要な書類をダウンロードし、必ず受付期間内に次のWEB入力フォームから必要情報の入力と提出書類及び関連資料のアップロードを行ってください。

他の方法(持参・郵送・FAX・メール等)による応募は受け付けません。提出期限直前は混雑する可能性がありますので、余裕をもって提出してください。

契約約款はこちらをご参照ください。

4.問い合わせ・応募相談について

個別のお問い合わせや応募相談については、3月15日(月)までの間はメールにて随時受け付けます(日本語のみ)。また希望者は3月10日(水)まで対面/オンラインにて面談も受け付けます。下記の問い合わせ先宛てE-MAILにてご連絡下さい。ただし審査の経過等に関するお問い合わせには応じられません。なお、個別相談申し込み時には サイト内リンク 本公募に関わる予告に記載の申し込み方法をご確認の上、電子メールでお申し込みください。

また、事業概要については、以下をご参照ください。

(問い合わせ先)

  • 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 国際部
  • エネルギー消費の効率化等に資する我が国技術の国際実証事業 公募事務局(坂、山下、彌城、馬場、長澤)
  • E-MAIL:international@ml.nedo.go.jp

(事業概要)

その他

公募情報に関するお知らせはNEDO公式Twitterにて随時配信しております。ぜひフォローいただき、ご活用ください。

【応募書類のオンライン受付に関して】

従来、公募に対する応募書類を紙で郵送又は直接NEDO にお持ちいただいておりましたが、NEDO は、2021 年度以降に実施する事業(委託事業、助成事業)の公募から、原則、応募書類をオンラインで受け付けることとします。

詳細は以下をご覧ください。

資料

募集要項

技術・事業分野 国際展開支援 プロジェクトコード P93050
事業名 エネルギー消費の効率化等に資する我が国技術の国際実証事業(実証要件適合性等調査)
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)、実証事業(フィールドテスト)、調査等
対象者 企業(団体等を含む)、地方公共団体
公募期間 2021年02月16日~2021年03月17日
問い合わせ先 国際部
E-MAIL:international@ml.nedo.go.jp

関連ページ