本文へジャンプ

本公募2022年度「SBIR推進プログラム(福祉課題)」に係る公募について

2022年5月26日

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、下記事業の実施者を一般に広く公募いたしますので、本件について受託もしくは助成を希望する方は、下記に基づき応募ください。

情報を更新しました
2022年6月20日 公募質問集(FAQ)(福祉課題)を公開しました。​
2022年6月13日 新旧対照表(公募要領および公募説明会資料)を公開しました。
2022年6月8日 公募説明会資料を修正しました。公募要領を修正しました。
2022年6月3日 公募説明会資料を公開しました。

募集事業について

1.事業内容

(1)概要

本事業は、科学技術・イノベーション創出の活性化に関する法律(2021年4月1日改正法施行)の規定により定められた、指定補助金等の交付等に関する指針(2021年6月18日閣議決定)に基づき、多様化する社会課題の解決に貢献する研究開発型スタートアップ等の研究開発の促進及び成果の円滑な社会実装を目的として、内閣府が司令塔となって、省庁横断的に実施する「日本版SBIR(Small Business Innovation Research)制度」の一翼を担うものです。

関係府省庁等が実施する研究開発課題や研究開発フェーズは、年度毎に、内閣府ガバニングボードにより決定され、研究開発の初期段階(PoC、F/S)をフェーズ1、実用化開発支援をフェーズ2として、多段階選抜方式を導入した継続支援を本事業内でのみ実施する「一気通貫型」、或いは、関係府省庁等で実施する指定補助金等事業へ接続する「連結型」の2つの方法で実施します。

2021年度まで、「課題解決型福祉用具実用化開発支援事業」として行ってまいりましたが、2022年度より、SBIR推進プログラムの研究開発課題の一つとして行うものです。

(2)事業規模及び期間等について

<フェーズ1>:概念実証(PoC)、実現可能性調査(F/S)

事業期間:
原則として、1年間以内
事業形態:
委託
原則として、1テーマあたり1,500万円以内
(契約金額は、審査の結果を踏まえ、提案書記載額等から減額することがあります。)
NEDO負担率:100%
事業内容:
公募要領内に示された研究開発課題「高齢者の自立支援や介護者の負担軽減等に資する福祉機器の開発」に対して、解決に資する技術シーズを有しているスタートアップ等が、事業化に向けて必要となる基盤研究のための概念実証(PoC: Proof of Concept)(※1)・実現可能性調査(F/S: Feasibility Study)(※2)を実施します。なお、研究開発課題の対象は、高齢者、障害者及び介護者を指します。

(※1)「概念実証(PoC:Proof of Concept)」とは

技術シーズの原理確認又は市場でのニーズ確認の実証を行います。

(※2)「実現可能性調査(F/S:Feasibility Study)」とは

新製品や新事業に関する実行可能性や実現可能性を検証するための調査です。具体的には、科学的・技術的メリットの具体化と、研究開発の実施、技術動向調査、市場調査、ビジネスプランの作成等を行って、事業の実現可能性の目途を付けることです。

<フェーズ2>:実用化研究開発

事業期間:
原則として、2年間以内
事業形態:
助成
1テーマあたりの規模:
原則として、1テーマあたり7,500万円以内
NEDO助成率:
2/3以内(NEDO負担額:5,000万円以内)
事業内容:
公募要領内に示された研究開発課題「高齢者の自立支援や介護者の負担軽減等に資する福祉機器の開発」に対して、概念実証や実現可能性調査を完了しているスタートアップ等が、実用化に向けた研究開発を実施します。
なお、研究開発課題の対象は、高齢者、障害者及び介護者を指します。

(3)公募期間

2022年5月26日から2022年6月27日の予定です。

2.説明会

下記の日時で、本事業の説明会を開催いたします。参加を希望される方は「申込ページはこちら」ボタンより6月8日(水)までにお申し込みください。

説明会への参加如何に関わらず、提案は可能です。また、説明会は日本語で行います。(福祉課題以外の説明会と合同で実施します。)

なお、説明会の日程は変更される場合があります。

開催日 時間 定員 実施方法 申し込みページ
6月15日(水) 13時30分~14時30分
(13時15分より待機可能)
150名 Microsoft Teams 別ウィンドウが開きます 申し込みページはこちら

定員に限りがありますので、同一事業者からの参加は、原則2名まででお願いします。(福祉課題以外の説明会と合同での定員です。)

なお、事前参加申込でご登録いただいた御氏名等の個人情報は、出欠の確認と必要に際しての事務局からの連絡(アンケート調査等)以外の目的で利用することはありません(ただし、法令等により提供を求められた場合を除きます)。

当日説明で使用する資料は、後日、公募ページで公開いたします。

3.応募方法等

本ページ最下の資料欄から必要な書類をダウンロードし、必ず受付期間内に次のWeb入力フォームから必要情報の入力と提案書類及び関連資料のアップロードを行ってください。他の方法(持参・郵送・FAX・メール等)による応募は受け付けません。提出期限直前は混雑する可能性がありますので、余裕をもって提出してください。

本事業は、フェーズ1では「業務委託契約約款」、フェーズ2では「課題設定型産業技術開発費助成金交付規程」に基づいて実施します。以下のリンクをご参照ください。

e-Rad

府省共通研究開発管理システム(e-Rad)に提案内容等をご登録いただく必要がございます。提案内容のご登録方法等、詳細は公募要領等をご覧ください。e-Radをご利用になるためには、御所属の研究機関(企業、国立研究開発法人、大学等の法人)又は研究者本人がe-Radに登録され、ログインID、パスワードを取得しておく必要がございます。登録方法については以下のページをご覧ください。

なお、e-Radへの登録に日数を要する場合がありますので、2週間以上の余裕をもって登録手続きをしてください。

e-Radへの登録に関するヘルプデスク
電話番号: 0570-057-060(ナビダイヤル)、03-6631-0622(直通)
受付時間: 午前9時00分~午後6時00分(平日)
(土曜日、日曜日、国民の祝日及び年末年始(12月29日~1月3日)を除く)

その他

公募情報に関するお知らせはNEDO公式Twitterにて随時配信しております。ぜひフォローいただき、ご活用ください。

資料

募集要項

技術・事業分野 分野横断的公募事業 プロジェクトコード P21008
事業名 SBIR推進プログラム
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)
公募期間 2022年05月26日~2022年06月27日
問い合わせ先 イノベーション推進部 プラットフォームグループ
担当者:只野、白井、川村、古澤、西潟、小関、星 ※お問い合わせにつきましては原則メールでのみ承ります。
E-MAIL:sbir-r3@nedo.go.jp

関連ページ