本文へジャンプ

決定「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト/空飛ぶクルマの先導調査研究」に係る実施体制の決定について

2021年8月11日

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト/空飛ぶクルマの先導調査研究」に係る公募を実施し、ご応募いただいた10件の申請について審査を行い、別紙1のとおり、実施予定先を決定いたしました。

なお、採択審査委員一覧は別添のとおりです。

1.件名

「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト/空飛ぶクルマの先導調査研究」

2.事業内容

本プロジェクトでは2021年度から新たに「空飛ぶクルマの先導調査研究」を追加し、以下〔1〕~〔4〕の調査を実施します。具体的には空飛ぶクルマの発展段階の整理(シナリオ作成)を行い、2025年頃までの飛行に向けた実証のための課題整理、実証計画の作成、2025年以降の自動・自律飛行、高密度運航の実現に向けた要素技術の抽出と具体的な検証項目、ルール動向の調査、整理を行います。

  • 〔1〕海外における空飛ぶクルマの実証事例調査
  • 〔2〕空飛ぶクルマに関するオペレーション体制・事業モデル調査
  • 〔3〕空飛ぶクルマの社会実装に向けた要素技術調査
  • 〔4〕空飛ぶクルマに関する海外制度及び国際標準化の動向調査

3.実施予定先

別紙1のとおり

4.事業期間

2021年度

詳細資料

募集要項

技術・事業分野 ロボット・AI プロジェクトコード P17004
事業名 ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト/空飛ぶクルマの先導調査研究
事業分類 調査等
対象者 企業(団体等を含む)、大学等
問い合わせ先 ロボット・AI部
担当者:森、服部、三浦、若山
E-MAIL:nedo_aam@ml.nedo.go.jp

関連ページ