本文へジャンプ

決定2022年度「脱炭素社会実現に向けた省エネルギー技術の研究開発・社会実装促進プログラム」の追加公募に係る実施体制の決定について

2022年11月2日

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、「NEDO」という。)は、2022年度「脱炭素社会実現に向けた省エネルギー技術の研究開発・社会実装促進プログラム」の追加公募を実施し、ご提案いただいた18件の提案について審査を行い、別紙1のとおり9件(実用化開発フェーズ7件、実証開発フェーズ2件)の実施予定先を決定いたしました。

なお、採択審査委員一覧は、別紙2のとおりです。

件名

2022年度「脱炭素社会実現に向けた省エネルギー技術の研究開発・社会実装促進プログラム」追加公募

事業概要

本事業は、我が国における脱炭素社会を実現しつつ、産業競争力を強化するために、革新的な省エネルギー技術の開発と共に、社会実装に向けた取り組みを支援することを目的とし、「省エネルギー技術戦略」に掲げる「重要技術」を中心として、高い省エネルギー効果が見込まれる省エネルギー技術開発を事業化までシームレスに支援します。

実施予定先

別紙1のとおり

事業期間

2022年度~2024年度

詳細資料

募集要項

技術・事業分野 省エネルギー
分野横断的公募事業
プロジェクトコード P21005
事業名 脱炭素社会実現に向けた省エネルギー技術の研究開発・社会実装促進プログラム
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)、大学等
問い合わせ先 省エネルギー部 「脱炭素社会実現に向けた省エネルギー技術の研究開発・社会実装促進プログラム」事務局
E-MAIL:shouene@nedo.go.jp

関連ページ