本文へジャンプ

予告2021年度「マテリアル革新技術先導研究プログラム」に係る公募について(予告)

2021年1月8日

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、2021年度「マテリアル革新技術先導研究プログラム」に係る公募を2021年2月上旬より行う予定です。

なお、本事業は、政府方針の変更等により、公募の内容や時期を変更する場合があります。

募集事業について

1.事業内容

(1)概要

本事業は、我が国の新産業創出に結びつく有望なマテリアル分野の中長期的な課題を解決していくために必要となる技術シーズ、特に事業開始後15年から20年以上先の社会実装を見据えた、革新的なマテリアル技術シーズの発掘・育成を行い、データを活用した製造プロセスの高度化や資源制約を抱える原料のサプライチェーン強靱化、新型コロナウイルスをはじめとするウイルス感染症対策など、マテリアル・イノベーションを加速する研究開発を後押しすることで、将来の国家プロジェクト等に繋げていくことを目的としています。

(2)委託先の公募について

〔1〕研究開発の実施体制
原則として、企業及び大学・公的研究機関等で構成する産学連携体制とします。
  • (注)産学連携体制の例外として、将来的に産学連携となる研究開発体制の具体的な想定があり、かつ、少なくとも現時点で連携先となる企業を模索する具体的な取り組みが行われている場合には、大学、公的研究機関のみによる小規模実施も可能です。
〔2〕研究開発テーマの実施時間
原則1年(12カ月)以内。 ただし研究内容により、3年を限度とすることが可能です。
〔3〕研究開発委託の規模・NEDO負担率
上限1億円以内/(年・件)(委託:NEDO負担率100%)※
  • (注)大学・公的研究機関のみによる実施の場合は、実施期間は1年以内、規模は2千万円を上限とします。
  • (※)研究開発の内容により特に必要性が認められる場合に限り、上限1億円までの提案を認めます。また、技術開発の困難性等により、特に必要と認められる場合は、事業の進捗状況を踏まえた上で、増額することがあります。
〔4〕公募期間(予定)
2021年2月上旬~2021年4月上旬

2.説明会

詳細(日時・場所)が決まり次第、NEDOのホームページに掲載します。

3.応募方法等

公募要領等の詳細は、公募開始日にNEDOのホームページに掲載します。

e-Rad

府省共通研究開発管理システム(e-Rad)に提案内容等をご登録いただく必要がございます。提案内容のご登録方法等、詳細は公募要領等をご覧ください。e-Radをご利用になるためには、御所属の研究機関(企業、国立研究開発法人、大学等の法人)又は研究者本人がe-Radに登録され、ログインID、パスワードを取得しておく必要がございます。登録方法については以下のページをご覧ください。

なお、e-Radへの登録に日数を要する場合がありますので、2週間以上の余裕をもって登録手続きをしてください。

e-Radへの登録に関するヘルプデスク
電話番号: 0570-066-877(ナビダイヤル)、03-6631-0622(直通)
受付時間: 午前9時00分~午後6時00分(平日)
(土曜日、日曜日、国民の祝日及び年末年始(12月29日~1月3日)を除く)

4.その他

公募情報に関するお知らせはNEDO公式Twitterにて随時配信しております。ぜひフォローいただき、ご活用ください。

募集要項

技術・事業分野 分野横断的公募事業 プロジェクトコード P14004
事業名 NEDO先導研究プログラム
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)、大学等
公募開始予定日 2021年2月上旬
問い合わせ先 材料・ナノテクノロジー部
担当者:北川、飯山、中村
E-MAIL:material_sendo_kenkyu@ml.nedo.go.jp

資料

関連ページ