本文へジャンプ

本公募「カーボンリサイクル・次世代火力発電等技術開発/CO2排出削減・有効利用実用化技術開発」に係る公募について

2021年7月15日

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、下記事業の実施者を一般に広く募集する予定です。

情報を更新しました
2021年8月17日 【期間延長】
提案書類の提出期限について、2021年8月27日(金)正午まで延長いたします。なお、既に提案書を提出済みであっても、期間内に再提出することができます。
2021年8月3日 【説明資料掲載】 本公募に関する説明資料を掲載しました。

募集事業について

1.事業内容

(1)概要

経済産業省が関係省庁と連携して2020年12月に策定し2021年6月に更に具体化した「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」は、温室効果ガス排出を大幅に削減するための積極的な対策を行うこととしており、CO2を資源として有効活用する技術であるカーボンリサイクル技術をキーテクノロジーとして位置付けた上で、化学品(含酸素化合物、汎用物質等)、燃料(液体燃料、気体燃料等)、鉱物(コンクリート、セメント、炭酸塩、炭素、炭化物等)等の主要分野の製品を中心に、コスト低減や用途開発のための技術開発、社会実装を進めていく方針を明記しています。

本事業では、CO2排出削減・有効利用実用化技術の確立に向け、以下の各テーマに関係する要素研究および実用化研究・開発(委託事業)および実証研究(助成事業)を実施します。

1)化学品へのCO2利用技術開発

CO2原料とした化学品合成技術として、CO2と水素あるいは合成ガスから一段で直接オレフィンを合成する技術や、CO2と水素あるいは合成ガスからBTX(ベンゼン・トルエン・キシレン)等を製造する技術の開発および関連するシステムの最適化する技術開発を行います。CO2を原料とした基幹物質(メタノール等)の合成技術に関しては、全体システムの最適化の技術の開発(CO2分離回収技術とメタノール合成技術とを一体化させたシステムの技術の開発等)のみ対象とします。

2)液体燃料へのCO2利用技術開発

CO2を原料とした、既存の液体化石燃料(ガソリン、軽油等)の代替品となり得る液体燃料(微細藻類由来のバイオ燃料を除く)を製造することで、CO2を有効利用しつつ、その排出削減を目指す技術開発を行います。

3)気体燃料へのCO2利用技術開発

CO2を原料とした気体燃料(メタン、プロパン、ブタン、都市ガス等)の製造技術の実用化のために、反応器の技術開発や全体システムの最適化を行い、気体燃料の既存導管への注入を目指す技術開発を行います。また、実証試験に向けたスケールアップ方法等の検討を行います。

今回は助成事業のみ対象とし、委託事業としての公募は行いません。

4)コンクリート、セメント、炭酸塩、炭素、炭化物などへのCO2利用技術開発

CO2固定化のため、鉄鋼スラグ、廃コンクリート、石炭灰等の産業副産物、廃鉱物、海水等からの有効成分の分離や微粉化等の前処理の省エネ化、湿式プロセスにおける省エネ化、安価なCO2固定化材料(骨材、混和材、炭酸塩等)の開発および炭素・炭化物の生成技術などの要素技術の開発を行います。また、CO2発生源から製造・供給までの一貫システム構築・プロセスの最適化、用途拡大と経済性の検討を行い事業性について検討します。

ただし、以下の事業は対象外とします。

  • CO2固定量を増大させたコンクリートの技術開発事業
  • CO2固定化材料を用いてセメント原料化する技術開発事業

(2)事業期間(予定)

2021年度~2025年度(5年間)

2.説明会

当該公募の内容は、契約かかる手続き、提出する書類等についての説明会を次の日程により開催いたします。参加希望の企業等は、所属機関名、出席者氏名、出席者の連絡先(電子メールアドレス)を2021年7月20日(火)正午までに電子メールにて環境部 荒川、加美山、天野、髙橋宛(電子メールアドレス:cct.projects@ml.nedo.go.jp)に御連絡ください。(様式は問いません)

  • 日時:2021年7月21日(水)11時00分~12時00分
  • 方法:Microsoft TeamsによるWeb会議。返信にて当日のMicrosoft Teams会議のリンクを御連絡します。

3.応募方法等

本ページ最下の資料欄から必要な書類をダウンロードし、必ず受付期間内に次のweb入力フォームから必要情報の入力と提案書類及び関連資料のアップロードを行って下さい。その他の方法(持参・郵送・FAX・メール等)による応募は受け付けません。提出期限直前は混雑する可能性がありますので、余裕をもって提出してください。

契約約款はこちらをご参照ください。

交付規定等はこちらをご参照ください。

e-Rad

府省共通研究開発管理システム(e-Rad)に提案内容等をご登録いただく必要がございます。提案内容のご登録方法等、詳細は公募要領等をご覧ください。e-Radをご利用になるためには、御所属の研究機関(企業、国立研究開発法人、大学等の法人)又は研究者本人がe-Radに登録され、ログインID、パスワードを取得しておく必要がございます。登録方法については以下のページをご覧ください。

なお、e-Radへの登録に日数を要する場合がありますので、2週間以上の余裕をもって登録手続きをしてください。

e-Radへの登録に関するヘルプデスク
電話番号: 0570-066-877(ナビダイヤル)、03-6631-0622(直通)
受付時間: 午前9時00分~午後6時00分(平日)
(土曜日、日曜日、国民の祝日及び年末年始(12月29日~1月3日)を除く)

4.その他

本公募時では、過去のNEDO 研究開発プロジェクトの実績調査を実施いたします。詳細については、資料欄「NEDO 研究開発プロジェクトの実績調査票の記入について」を御覧ください。

公募情報に関するお知らせはNEDO公式Twitterにて随時配信しております。ぜひフォローいただき、ご活用ください。

資料

募集要項

技術・事業分野 次世代火力・CCUS プロジェクトコード P16002
事業名 カーボンリサイクル・次世代火力発電等技術開発/CO₂排出削減・有効利用実用化技術開発
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)、大学等
公募期間 2021年07月15日~2021年08月27日
問い合わせ先 環境部 次世代火力・CCUSグループ
担当者:荒川、加美山、天野、髙橋、阿部、布川、在間
E-MAIL:cct.projects@ml.nedo.go.jp

関連ページ